魅力的な日本料理店だったけど満席で入れず【岐阜県土岐市】

 

 

奥矢作湖の紅葉ツーリング。

途中、古民家を活用した「サトノエキカフェ」でお茶したけど、時間はまだ10時。

ランチをしてから帰るつもりだけど、ランチをするにはまだ早いし、それに店が決まっていない。

 

何の下調べもせずに来てしまったので、ランチの店を探すことにした。

探すと言ってももちろんスマホで検索するのだけど、こんな田舎でも(失礼)高速のデータ通信が使えるのがありがたい。

情報化社会も身近になったものだ。

 

奥殿に何が食べたいかと聞けば、蕎麦か和食がいいとの返事。

蕎麦は当たり外れが大きく、不見転で入るにはリスクが大きい。

 

その点、和食はハズレてもダメージが小さいので、和食で検索してみた。

グーグルに「土岐市で感じのいい和食の店でランチ」と話しかければ、ちゃんと検索する。

 

結果は日本料理の「あん堂」「神也」などがヒット。

どちらの店でもいいのだが、表示された外観から「神也」を選び、そのままナビゲーションも任せて「神也」へ向かうことにした。

 

途中、道の駅へ寄り道しながらグーグルの指示通りに走って着いたのがここ。

オォ、なかなかいい感じではないか。

受けるイメージはドッシリとした感じ。

それに美味しそうな雰囲気がアリアリなのだ。

 

店は表通りに面しておらず、裏道にある。

普通に走っていても来れない所だ。

暖簾を潜って入店。

あ、この店の読みは「かんや」。

日本語は難しいね。

 

角を曲がれば引き戸がある。

掃除が行き届いていて、ますますいい店の雰囲気。

 

引き戸を開けて入り、ちょうど対面したマスターに「二人ですが」と言えば、「申し訳ありません、満席なので」とのこと。

エッ!と思わず言ってしまったけど、満席では仕方ない。

満席と聞くと余計に入りたくなるのが人情だけど、次回に期待だ。

 

満席では仕方ないから、さっき調べたときに出てきた「あん堂」に行くことにした。

グーグルにナビを任せれば、ここから数分の所でアッという間に着いた。

着いたことはいいのだけど、画像の通り「本日満席」。

 

続け様に二軒の店が満席とは。

土岐の人たちって外食が好きなのか。

 

それほど大きな街ではないと思うが(後で調べたら人口は6万人弱)、外食文化が発展しているように思う。

たった二軒しか行っていないので(しかも未入店)偉そうに言えないけど、店の外観を見ただけでもいい店だと思う。

 

人口規模のはるかに大きな豊田市では、チェーン店系の店は多いけど、こういった気の利いた個人店は少ない。

何故なのか理由は分からないけど、食文化の層の厚さが違うのかも。

我々の世代がいい店を育てるぐらいの気持ちでいないと、こういう文化は育たないネ。

 

二軒の店に振られた我々は、結局タイムアップ。

土岐からなら豊田まで一時間もあれば帰れるから、帰って家で食べることにした。

家なら一杯飲めるしね。

 

バキューンと家に帰って、先ずはギョーザだ。

これなら直ぐに出来る。

 

他には茄子を焼いて、冷凍のサバを焼くことに。

腹ペコなので、時間のかからないものでいくのだ。

 

ギョーザが焼けてきた。

簡単でいい。

 

茄子も焼いた。

急げ急げだ。

 

ニンジンのフラッペも盛った。

取り敢えず出来上がり。

 

こんなラインナップだけど、いつものパターンだな。

ビールをグビッとやれば、これが旨い。

 

ギョーザも上手く焼けている。

味の素の生姜入りギョーザだけど、これが旨いのだ。

 

道の駅「どんぶり会館」で買ってきたのは、この箸置き。

楕円形で、今までにない形が気に入って買ったもの。

 

今日は紅葉ツーリングからランチのつもりが、ランチにはフラレてしまった。

土岐の日本料理店はどちらもいい感じだったので、再トライしてみたい。

奥殿も行きたいとのことだけど、次の休みに行けるかな。

天気次第だけど、こればっかりはね。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました