焼き物三昧のあとに珍しくアイスクリームで締め【自宅】

焼き物三昧のあとに珍しくアイスクリームで締め【自宅】

 

今夜は焼き物三昧。

家で焼き物と言えば、真っ先に浮かぶのはギョーザ。

 

ギョーザを作る技など無いので、冷凍餃子を使うのはモチロンのことだ。

だけどこれが美味しいのよね。

簡単お手軽に羽根付きのギョーザが出来るので、家で餃子と言えばこればっかりだが、全く飽きない。

 

もちろん餃子だけではなく、タラもある。

鱈に塩を振ってバターで焼くだけという、これも簡単な料理だ。

付け合せにはレタスを一緒に焼くけど、火を通したレタスも美味しいのだ。

 

他には茄子も焼く。

焼くというより油で炒めると言った方が正確。

茄子と油って相性が良いからね。

一緒にエノキも炒めるけど、これも美味しいのだ。

 

他には焼きビーフンがあるが、これは昨日の残り物。

レンジで温めて出すだけだけど、見てみると今夜は焼き物オンリーになってしまった。

 

一つずつ順に焼いていては料理が冷めてしまうから、家にあるフライパンを総動員して一気に焼く。

忙しないけど、その方が効率がいいからね。

 

出来たギョーザがこちら。

ちょっと焦げがきつかったかもだけど、上手く焼けたのでは。

 

茄子もいい感じ。

彩りに刻んだネギでも乗せれば良かったけど、今更だ。

 

焼きビーフン。

これはレンジでチンしただけなので、作った内には入らないか。

 

こんな感じで早速ビール。

う~ん、焼き物にはやっぱりビールが旨いね。

 

今日はサッポロの麦とホップ。

サッポロらしい角の取れた旨味のある味で、美味しい。

 

家で飲んでいるビール(新ジャンルだけど)は、サントリー、キリン、サッポロと各社揃っているけど、味に違いはあってもそれぞれに美味しさがある。

加えて各社の特徴が現れていて、飲み比べてみると面白い。

しかもこれが100円チョットで味わえるのだから、安く楽しめてありがたい。

 

こちらは今日のメインになるタラの塩バター焼き。

付け合せのレタスも、火を通したことによって甘みが出て、これもまた旨いのだ。

 

淡白なタラは、濃厚なバターの味が染みて旨い。

身も弾けるような弾力があって、タラは焼いて食べるのが一番美味いのかも。

ビールにはピッタリのアテだ。

 

焼き物三昧にビールを合わせて飲んでいれば、いい感じになってきた。

ご飯の用意はないからこれで終わりかと思えば、トーストにするつもりとのこと。

 

早速焼いてもらったのがこちら。

表面カリッ、中シットリというトーストの王道を行く逆アルデンテの仕上がりで、上手に焼けている。

 

今は高級な食パンが流行りのようだけど、聞くところによると生食を勧めているらしい。

きっとそれはそれで美味しいのだろうけど、私はトーストして食べるのが好きなので、大手メーカーの作る食パンで十分。

それと高級食パンはとても柔らかそうなのだが、家でトースト用にスライスできるのだろうか。

 

トーストしたての熱々のパンにバターを塗って食べれば、とても美味しいと思うけどね。

って、高級な食パンを食べたこともないのに、偉そうなことを言ってはイカンか。

 

焼き物四種にトーストという焼き物三昧の食事の後に出されたのは、アイスクリーム。

家でデザートにアイスクリームが出るなんて、珍しい。

 

しかもブルーベリーまでトッピングされているという凝りよう。

ウ~ン、美味しい。

女の人が ”デザートは別腹” と言うが、その気持、分かるな。

甘いものは美味しいのだ。

 

今日は焼き物三昧にアイスクリームの締めだったけど、美味しかった。

ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました