トマトを足して作ったミートソースで朝からパスタ【自宅】

トマトを足して作ったミートソースで朝からパスタ【自宅】

 

最近、”休みの日の朝はパスタ” と言うのが家のトレンドになっている。

 

海上自衛隊の ”金曜日はカレー” と同じで、メリハリが付いていいのだが、パスタの担当はワタシ。

なので私が朝ご飯を作ることになるが、奥殿も休みの日の朝ぐらいはのんびりとしたいだろうから、これもいいのでは。

 

それと今夜の晩ご飯はとり天。

天ぷらも私の担当なので、結局この日の食事は全部私が作ることになるが、旨い酒が飲めると思って頑張ることにした。


 

この日のパスタは、トマトを足したミートソースのパスタ。

箱買いしたトマトがあるというのが理由だが、そのトマトもこれが最後の一個。

 

トマトが沢山あるからと毎食必ず出されていたけど、トマトは生でも火を通しても美味しくて、全く飽きない。

それに健康にも良さそうな気がするから、また買ってこないとね。

 

トマトを効かせたミートソースと書いたが、私のスキルではミートソースが作れない。

頼るのはマ・マーのレトルトソース。

それにディチェコのパスタと、いつもと同じ顔ぶれで攻めてみる。

 

使うパスタは一人60g。

ネット上などでは一人100gと書いてあるものが多いが、100gはかなりのボリュームになる。

 

中には一人120gと書いてあるものもあるが、その量だと女性ではまず食べ切れない。

男でも苦しい量で、これを一人前の量だという根拠が分からない。

 

中にはギャル曽根のような女性もいるからかもだが、それは特殊な例。

ネットの情報も ”玉石混交” で、間違った情報も多いから見分ける眼力も必要だ。

 

パスタ茹でます。

私はいつもフライパンで茹でてしまう。

 

フライパンは口径が大きく、パスタが楽に入るからだ。

それに使う水の量も1リットルと少なく済むが、この量で失敗したことは一度もない。

 

それとこれもネット上で時々見かけるが、パスタを半分に折って茹でよというものがある。

これはとんでもない話で、ロングパスタにはロングパスタの長さがあり、ショートパスタにはショートパスタの長さがあるのは、長い歴史を経て決まってきたもの。

 

これは蕎麦やうどんに置き換えれば分かりやすい。

蕎麦でもうどんでも一定以上の長さがないととても食べにくいし、それに不味く感じる。

 

ブツ切れの短い蕎麦なんて、食べにくく食感もすこぶる悪い。

箸で摘んで食べる蕎麦なんて、蕎麦とさえ呼べない変なシロモノ。

 

パスタも蕎麦も、麺の長さは食感に強い影響を与えるもので、歴史の中でもまれて今の長さになったもの。

それをいとも簡単に、パスタを半分に折って茹でよとは。

 

しかもプロのような人が書いているのだから、呆れてものも言えない。

さっきも書いたが、ネット上の情報にはいい加減なものもあるから注意しないとね。

 

パスタを茹でている間にソースを作る。

と言ってもトマトに火を通して、レトルトのソースと一緒に温めるだけ。

 

オリーブオイルを引いて、トマトに火を入れていく。

レトルトのソースにしっかり味がついているので、トマトには味は付けない。

 

レトルトのソースを入れて温めれば、ソースの出来上がり。

ここへ茹で上がったパスタを入れて絡ませる。

 

ソースにパスタを絡ませると書いたが、感覚的にはパスタにソースを吸わせる感じ。

実際やってみれば分かるけど、パスタを入れて絡ませていくと、ソースがどんどん減っていく。

パスタがソースを吸っているのだ。

 

パスタ料理はソースを掛けるのではなく、ソースを吸わせるもの。

なのでスープパスタとかあんかけパスタなどというものは、あり得ない。

あれはパスタではなく ”国籍不明の麺類” なのだ。

 

出来たパスタがこれ。

ミートソースがお皿に垂れていないのがお分かりいただけるかと。

 

パスタだけでは色気が無いからと、卵スープも添えた。

創味シャンタンで急いで作った ”手抜きスープ” だけど、これが意外に美味しいのよね。

 

こんなセットで「いただきま~す」。

う~ん、旨い。

自画自賛で恐縮だけど、ホントに美味しい。

 

これが乾麺とレトルトのパスタソースで作ったとは、俄に信じられないほど。

下手なイタリアンの店で出されるパスタよりも、はるかに美味しいのだ。

 

足したトマトも酸味と甘味が醸されて、いい仕事をしている。

小さいときはトマトが嫌いだったけど、それが今では大好きになっているのだから、人の味覚も変われば変わるものだ。

 

添え物で作った卵スープも美味しくて、ご同慶の至り。

ただし作り過ぎてしまい、余っている。

 

せっかく作ったのだから美味しいうちに飲んでしまおうと、パスタを食べてからパンに添えて出してみた。

これがまたパンによく合っていて、パンの味にもピッタリ。

 

創味シャンタンで作ったから中華味になるのだろうけど、パスタにもパンにも良く合う。

この辺りが創味シャンタンが ”万能スープの素” と言われる所以だろう。

 

朝イチの「朝からパスタ」が美味しかった。

ごちそう様でした。

 

さあ、後は晩ご飯のとり天を頑張りますか。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました