花水木で一杯 【自宅】

NO IMAGE

 

 

最近は家で飲むことが続いてるけど、家飲みは気楽でいい。

気楽で財布に優しいのはとてもありがたいけど、外で飲むように他の人と交わることが無いのが、残念なところ。

家でばっかり飲んでいたのでは、世間の動きが分からなくなるということで、声を掛けての飲み会。

「花水木が咲いたから」という名目ですが、完全なタテマエで、飲めれば何だっていいのです。

 

 

 

タテマエであっても、「花水木」の画像を一枚ぐらいは載せておかないと。

花水木-お客さん-012

さ、飲みましょう。

 

 

 

 

先ずはビールで乾杯。

花水木-お客さん-003

これ位の量など、瞬間的に空っぽ。

 

 

 

 

今が旬の「筍の炊合せ」。

花水木-お客さん-001

やはりこういった料理には冷酒。

 

 

 

 

ということで小左衛門。

花水木-お客さん-004

この小左衛門は、お客さんの手土産。

私の好きな酒をわざわざ買ってきてくれて、嬉しい。

 

 

 

 

ゼンマイの白和え。

花水木-お客さん-005

季節感たっぷり。

 

 

ここでお客さん(仮にAさん)から、驚きの発言。

Aさん、今、飲食店の計画を進めているというのです。

 

話だけでなく、計画はかなり具体的に進んでいる状況で、既に店舗の物色も始めているとか。

Aさんはすでに定年で退職した60台後半の人。

そんな人が今から飲食店(居酒屋かバー)をやりたいとは、、、

なんという前向きな話。

 

 

 

こんな話を聞けば、盛り上がってしまいます。

花水木-お客さん-019

で、コックというか、調理する人は居るのかと聞けば、目処は立っているとのこと。

しかも住まい用のマンションまで借りてしまったというから、本腰。

ドッヒャ~ です。

 

要するにAさんがオーナーで、経営はするけど店の運営はやらせるということ。

そんなことで上手く事が運ぶのかとか、口々に外野が騒ぎますが、このアグレッシブな姿勢は素晴らしい。

 

 

 

幻舞。

花水木-お客さん-027

 

繰り返しになりますが、Aさんは60台後半の人。

普通なら仕舞い支度の年代で、守りに入り、新しいことなど考えもしないでしょう。

せいぜい時間つぶしに新しい趣味でも始めるか、というのが関の山。

身勝手でカッコ悪いGIGIとか、下品なBBA連中が増える中、素晴らしいし、若い!

 

 

 

花水木-お客さん-30
お客さん持参のケーキ

 

 

 

Aさんが私に「どんな店がいいか」ということでしたので、夢の店の話しを。

 

店は小さく、カウンター重視で華美でなく、清潔で粋な店。

旨い料理と旨い酒は当然で、器も酒器も上品。

カウンタンーには知的で美形なママ、和服美人なら最高。

 

reiko
画像はイメージ

 

私が行くときはいつも他の客がゼロで、ママと語りながらカウンターで飲んでいる、、、

 

 

 

 

 

 

Aさん、「いい店だけど、そんな暇な店では潰れる」って、、、

そりゃそうだ。

夢の店を語ったけど、地に足がついていない話で、失礼しました。

 

 

 

 

やはり人と交わって飲むのは、刺激があって楽しい。

 

酒を飲む楽しさの一番は人と交わることで、簡単に言えば話をすること。

そこには楽しさも有るけど、反面面倒なことも。

酒場には、愛情、友情、同情、憎しみ、妬みも羨みも何でもあり。

それを面倒だと思えば、引きこもって飲んでいればいいけど、人との出会いは楽しいもので、話しをしていると楽しくなることも多いし、世界も広がる。

 

だから外で飲むことが大事だと思うのですが。

 

 

 

ところでさっき書いたような居酒屋、どこかにないかなぁ、、、

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました