砥石には砥石を研ぐ「面直し砥石」が必要だった【自宅】

砥石には砥石を研ぐ「面直し砥石」が必要だった【自宅】

 

分かりづらいタイトルで恐縮だが、包丁を研ぐには砥石が要るが、砥石を研ぐ「面直し砥石」も必要ということだ。

変に書き方を変えると余計に分かりにくくなりそうだったので、そのままタイトルにしたが、「面直し砥石」というものを初めて使ってみたので、レポートしてみたい。

 

アレコレ書く前に先ずは「面直し砥石」の画像をご覧いただきたい。

オレンジ色の箱に入っているのが面直し用の砥石だ。

 

中身はこんなもの。

コレを使って砥石を研ぐのだ。

 

包丁は使えば切れ味は必ず落ちる。

それがどれだけ高価な包丁であっても使っていれば切れ味は必ず落ちるから、切れ味を保つためには研ぐ必要があるのだ。

 

包丁を研ぐには砥石で研ぐのだが、研げば砥石も減る。

その減り方が均一に平面を保ったまま減っていけば問題はないのだが、これが凹んで湾曲して減る。

 

これは家で使っている砥石だが、やはり湾曲して減っている。

こんな状態でも包丁を研げばそれなりに切れ味が良くなるから、これで使っていた。

 

だがある時、包丁研ぎ師の藤原将志さんの話を聞くことがあった。

そこで彼が何度も言っていたのは、凹んで湾曲している砥石ではいくら研いでも刃先が丸くなってしまい、キレイに研げないという点だ。

 

そこで必要になるのが湾曲してしまった砥石を直すための「面直し砥石」。

ブロック塀にこすって平らにするのでは(私もこれでやっていた)、面が荒れてしまいキレイに研げないらしい。

 

そこでホームセンターへ「面直し用の砥石」を買いに行ったのだが、そこには無く、ネットで注文し届いたのがコレだ。

値段は送料込みで三千円ほどだったが、送料が790円もしたのにはちょっとビックリ。

宅配便の送料も高くなったものだ。

 

使い方は箱書きの通り。

凹んで湾曲してしまった砥石を、平らになるように研ぐということだ。

 

せっかく買ったのだから、さっそくやってみることにした。

十分に湿らせてセットしたが、箱のイラスト通りの減りように思わず笑ってしまう。

 

初めての事なのでどの程度研げるのか分からなかったが、取り敢えずガリガリとやってみる。

が、これが意外と削れない。

頑張ってやっているが、あまり削れないから疲れる。

これは非力な女性では大変な作業で、男の私でも嫌になってくるほどの力技。

 

かなり頑張ったつもりだけど、それでもきれいな平面にならない。

もっと頑張ればキレイな平面になるだろうが、もう嫌になってしまいこれでギブアップ。

 

初めの状態がこれだったから、それに比べればかなり良くなったのでは。

と言うことで、それなりにキレイになった砥石を使って、今度は包丁を研ぐことにした。

 

ここで威力を発揮するのが ”トゲール”。

包丁を研ぐ時に、刃先の角度を一定に保ってくれるものだ。

 

これを包丁の背にはめて研げば、角度がブレずに包丁の刃付けができるもの。

単純な物なのだがスグレモノだ。

詳しいことはこれを買った時の記事があるので、そちらを参照願いたい。

 

 ⇒ トゲールの記事

 

面直しした砥石で包丁を研げば、切れ味は以前よりも確実に良くなるはず。

ワッセワッセと研いだのだが、果たして切れ味はどうなっただろうか。

 

さっそく奥殿にオニオンスライスを切ってもらったが、スゴ~イとのこと。

スパッとした切れ味で、オニオンスライスも今までよりもっと極薄に、しかも楽に切れると言う。

今までも切れ味に不満を感じたことは無かったそうだが、これはスゴイとのこと。

やはりやることをやれば切れるようになるのだ。

 

因みに研ぎ師の藤原さんの話しによれば、プロが使うような鉄製の包丁(彼は ”錆びる包丁” と呼んでいる)でも、家庭で使う一般的なステンレスの包丁でも、切れ味には大した差はないとのこと。

それより研ぎ方ひとつで天地の差がつくということで、包丁は研いで活かすものとのことだった。

 

これでますます料理の味がアップすれば万々歳だが、砥石の面直しをやるのはやっぱり私か。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました