トラディショナルな「みや古寿司」で味わうランチ【豊田市】

トラディショナルな「みや古寿司」で味わうランチ【豊田市】

 

今日は寿司屋へ行く用件がある。

どうせ行くのならついでにランチもということで、贅沢なランチにしてみた。

 

向かった先は「みや古寿司」。

豊田警察署の真ん前にある店で、昔からある店だ。

昔からある店といっても数年前に新築したので、古さを感じることは無い。

 

時間の都合で昼前に入れば、私が一番客。

近くにある牛丼店や唐揚げ屋などは、この時間帯でもそれなりにお客さんが入っているから、やはりこの手の寿司屋は敷居が高く感じられるのかも知れない。

 

メニューはこちら。

ランチもあるが1,800円する。

内容からすれば決して高くはないのだが、毎日の外食には辛い金額。

 

それとこの内容だとイッパイ飲みたくなってしまう。

オンタイムなので飲めないのはモチロンだが、口取りなどと書かれれば飲みたくなるよね。

 

他には通常の寿司もある。

ランチも魅力的なのだが、さっきも書いた通りあの内容だと飲みたくなるから寿司にする。

 

2,000円の上寿司と1,500円の穴子寿司と大いに迷うものの、エイヤッと2,000円の上寿司にしてしまった。

世の中の奥様方にとっては、ランチでこの金額は当たり前の世界なのだろうが、オトーサンたちにとっては ”清水の舞台から飛び降りる” ような決断が必要なのだ。

 

カウンター席に陣取っているが、マスターがアレコレと話し掛けてくれるから退屈しない。

これがファストフードの店だと、入店してから出るまで全く会話をせずに終わることが普通。

その方が面倒でないし、食べるだけならそれでもいいかも知れないが、何か味気ない。

 

店員さんも必要最小限の人員しか配置されていないから、オーダーをこなすだけで手一杯。

なのでマニュアル通りの挨拶しか出来ないし、それ以上の必要もない。

 

だけど食事は ”補給” ではないのだから触れ合いも大事だと思うが、今は効率とか価格優先で、そんなことを求めるほうが無理な話しか。

 

そんなファストフードの店の対局にある店が、この寿司屋。

そこそこの値段はするが、居心地は頗る良い。

掃除も隅々まで行き届いていて、空気さえも透明感を感じる。

居心地の良さまで含めた金額とすれば妥当な価格だと思うが、どうだろうか。

 

寿司はマスターが握ってくれる。

先ずはマグロのトロから。

お隣はヒラメで、昼時間なので速いペースで握ってくれる。

 

マスターとの会話が面白く、あれこれ話していれば下駄の上が満載になってしまった。

海老も車海老の握りなのは、さすが上寿司だ。

夜なら確実に一杯飲んでいる世界。

 

寿司はどれも美味しい。

オーソドックスな握りで、決して ”インスタ映え” はしないが、これでいい。

 

巻き物も基本通り。

派手なところは無いが、ちゃんとした寿司が味わえる。

 

それと穴子の握りが美味かった。

次にランチに来るときは、穴子寿司にしてみたい。

フワッとした穴子が美味しかったからね。

 

みや古寿司

 

久しぶりに訪ねた「みや古寿司」。

トラディショナルな寿司屋で、ゆったりとランチが味わえる。

 

今はこういう店が少なくなってしまったが、回転寿司とは全く違う本当の寿司が味わえる。

そんな店が無くならないように、お客も通わないとね。

 

ごちそう様でした、また寄らせてもらいます。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました