物事には優先順位と言うものがある(らしい)【自宅】

 

最近 ”欲しいもの病” が再発し、カメラが欲しくなった。

カメラならあるではないかと言われればその通りだが、時々カメラが欲しくなるのだ。

 

で、いま欲しいカメラがコレ。

RICOHのGRⅡ。

 

コンパクトカメラでしかも単焦点レンズ(ズームができない)というスペックだけ見れば、時代遅れの古臭いカメラ。

それに見た目もご覧の通りの地味な感じなので、見栄えのいい要素はどこにも無い。

しかもコンパクトカメラなのに実売価格は7万円もする(以前は10万円!もした)。

 

こんな見栄えのしないカメラなのだが、巷では ”最強のスナップシューター” と呼ばれているのだ。

そのヒミツはこのカメラが搭載しているセンサーの大きさにある。

このGRⅡにはAPS-Cというサイズのセンサーを使っているが、それは一眼レフカメラに匹敵する、或いは凌ぐサイズのセンサーなのだ。

 

私が今使っているPENTAX Q10 は 1/2.3 というサイズで、その大きさの違いは下図の通り歴然としている(出典:カメラと散歩)。

カメラの写りの良し悪しは、単純に言ってしまえばセンサーのサイズで決まってしまう。

よく言われる画素数が多い方がいいと言うのは、同じセンサーサイズ同士なら比べる意味もあるけど、センサーのサイズが違うもので比較するのは意味をなさない。

 

画素数が多いというのは光を受ける点(画素)が増えることで、それは画素が増えれば増えるほど全体の受光面積は小さくなる。

この辺りはマニアックな話になってしまうので割愛するけど、興味のある方はこちらを参照してください ⇒ デジカメの画素数 。

 

他にはレンズが大きな要素になるけど、GRⅡが使っているレンズは単焦点レンズで、単焦点のレンズは元々写りが良いレンズなのだ。

 

私がいま使っているカメラも単焦点レンズを組み合わせているが、望遠レンズに比べてその描写力は圧倒的にいい。

RICOH GRⅡの大きなセンサーに単焦点レンズというのは、最強の組み合わせなのだ。

 

私のPENTAXは小さいながらも一眼レフカメラ。

暗い飲食店内で、ブログ用の画像を撮るという今の使い方にはピッタリなのだが、それでもGRⅡの記事を読む度に浮気したくなる。

その記事 ⇒  ログカメラ

ちょっと長い記事だけど、GRⅡに惚れる気持ち、分かりますよね。

 

で、ある日、奥殿に新しいカメラが欲しいと話してみた。

私:カメラが欲しいのだけど

奥:カメラならあるじゃない

私:うん

奥:どうしても必要なものなら買っていいけど

私:・・・

奥:で、新しいカメラはいくらするの?

私:(小さな声で)  ナナマンエン

奥 :今のカメラではダメなの?

私:そんなことはないけど、、

と、こんな調子で旗色悪し。

 

それよりもガスコンロを新調したいと奥殿が言う。

えらい所でやぶ蛇だ。

 

まぁ、言われてみれば最近ガスコンロの調子が悪く、センサーが過敏に反応して使っている最中に切れることがある。

それが結構ストレスなのだそうだ。

それに20年以上も使っているからか、火力(ガスの出具合?)が落ちているようで、お湯を沸かす時間も以前より長くかかっている気がする。

 

カメラは無くても生きていく上では問題はないが、ガスコンロが無いと料理が作れないから死活問題になる。

しかも一年365日、三度三度使うから、必要不可欠なもの。

 

で、東邦ガスのコンロのサイトを見てみれば、15~20万円前後とのこと。

カメラとコンロを比べられては、カメラに勝ち目はない。

何と言ってもコンロは毎日の食べることに直結するからね。

 

物事には優先順位があるということで、GRⅡはあえなく却下。

暫くはほとぼりが冷めるのを待つしかないか。

 

 

 

 

ランキングに参加してますのでクリックお願いします

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました