フリカケみたいなペペロンチーノが意外に旨かった

フリカケみたいなペペロンチーノが意外に旨かった

 

休日の朝ご飯の定番になっているパスタ。

今朝もその例に漏れずパスタで、ついでに私が作るのも漏れなくだ。

 

この日のパスタは、ペペロンチーノでいってみることにした。

いつもならニンニクと唐辛子、オリーブオイルと塩で作るけど、この日はインスタントのソースを使う。

手抜きと言われればそうかもだが、私が作ること自体も目的なのだから、ソースを手抜きしても許されるだろう。

 

使うパスタはデェチェコのフェデリーニで、量は60g✕2人分の120g。

この辺りはいつものことで、改めて書くことではないけどね。

 

インスタントのソースは、茹で上がったパスタに混ぜるだけというお手軽なもの。

トッピングと書かれているものには、カリカリに揚げられたガーリックチップと唐辛子が入っていた。

 

パスタを茹で、そのパスタをボウルに入れてソースと混ぜれば一丁上がり。

実に簡単に出来てしまう。

 

ソースは画像の通り醤油っぽい色で、オリーブオイルと塩、ニンニクで作る本来のペペロンチーノとは趣がちょっと違うが、安っいソースなのであまり無理も言えない。

仕上げにガーリックチップと唐辛子をトッピングすれば、ペペロンチーノ ”らしく” はなった。

 

トマトのサラダにスープ代わりの味噌汁を添えて、いただきま~す。

食べればこのパスタが意外にも美味しい。

 

見た目の醤油っぽい色は別として、ニンニクの香りと味がしっかり感じられ、それに唐辛子の辛みも程よくあって美味しいのだ。

これにはちょっと驚いた。

フリカケのような後乗せのニンニクと唐辛子が、これほど効果的に効くとは。

 

茹で上げたパスタにソースを絡めてトッピングをかけるだけで、ペペロンチーノの味をここまで再現してしまうのが凄い。

今までニンニクを焦がさないよう、慎重にオリーブオイルにニンニクの味を移していたのは何だったのか。

こんなに簡単にペペロンチーノのパスタが出来てしまうのが悔しくもあるが、食品メーカーの開発能力には脱帽。

 

そうそう、この日はトマトスライスにオクラのサラダも盛ってみた。

オクラをサラダに使ったのは初めてのこと。

いつものポテトサラダとかサニーレタスなどが無くて、青物は水菜とオクラしかなかったためだ。

 

水菜とオクラ、それにオニオンスライスを合わせ、オリーブオイルと塩で味付けてみたのだけど、これが美味しくて、期待以上の出来の良さ。

オクラのトロミがサラダ全体を円やかに包んで、とてもいい感じに。

初めて作ってみたけど、思った以上に美味しかったから、これからも再登場すること間違いない。

 

料理はやってみると新しい発見もあって実に面白い。

しかもメニューや作り方などアレコレ考えるから、脳トレにもなる。

料理は知的な作業でもあるのだ。

 

新型コロナのため家にいる時間が長くなっているダンナさん方も、料理に挑戦してみるのもいいのでは。

脳トレにもなって、しかも美味しいものが味わえるのですから。

 

簡単なパスタだけど、美味しかった。

今日は朝からのペペロンチーノで、ごちそう様。

 

お手数ですがクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました