寿司も旨い居酒屋「ろく」 【豊田市】

寿司も旨い居酒屋「ろく」 【豊田市】

 

 

旨い魚が食べたい気分だったので、「ろく」へ。

ろく-03

この時期はどの店もよく賑わってて、「ろく」もほぼ満席で、辛うじて座れた状態。

 

 

 

さっそく刺身の盛り合わせをオーダー。

ろく-10

いつものことながら、これで一人前とは素晴らしい盛り。

どこからどう見ても二人前の盛りです。

 

今日のメインはブリで、しかも氷見のブリとのこと。

いつもは養殖物ばかりですから、違いがよく分かります。

油の乗りが良いのですが、しつこさのないサラっとした油で、体にも良さそう。

しかも旨いです。

 

 

 

今日の日替わりメニュー。

ろく-08

刺し身の苦手な同行者は、スルメイカの天ぷら。

刺身用を天ぷらにしてるので、旨い。

 

うまいうまい、とパクパクと食べていたら、画像は撮り忘れてしまって。

 

 

お酒は岐阜の醴泉。

ろく-07

フルーティーでサラっとした甘さのある、ワインテイストな日本酒。

このお酒もそうですが、メニューに有る通り「獺祭」も600円とは、実にお値打な価格。

獺祭だと1,000円する店もザラにありますから。

 

 

 

いつも気が利くマスター。

ろく-13

 

元高校球児で、それも本格的に甲子園を目指していたナイスガイ。

体育会系のキャラですが、細かところまで神経が行き届き、雑なところは全くありません。

旨い肴を値打ちな値段で提供し、尚且つ、客への気配りが行き届いているのですから、店が繁盛するのも納得です。

 

それにしてもマスターの顔、、、後ろのお地蔵さん?に似てませんか。

 

 

これ旨いよ、とサービスで出されたミカン。

ろく-14

これが抜群に旨いミカン。

甘いのは当たり前ですが、柑橘系の酸味もあって、しかも実にジューシー。

ミカンって、こんなに美味いのか、と唸ってしまいました。

大げさではなく、本当に旨いのです。

 

聞けば、この店の板さんの実家が和歌山のみかん農家で、有田ミカンとのこと。

「ぜひ買いたい」と言ったら、連絡先を教えてくれたので早速実家に電話で注文し、今はもう届いてますが、いや~素晴らしく旨い。

10㎏の箱なのですが、一人で食べてしまいそうな勢いです。

 

このミカンを食べたら、他のミカンが食べられないほど、旨いのです。

世の中には旨いものがあるものです。

 

 

 

締めににぎり鮨です。

ろく-15

左のトロが凄い。

いいんですか?、こんなトロを握ってくれて。

この8貫握りで、確か1,300円。

 

 

このトロ一貫で、それぐらいの値がしそうな程の特上のトロ握り。

ろく-16

素晴らしいトロの握り。

マスターも、これは今日だけのサービス、という話ですが、旨かった~。

 

 

◆ 店情報はホームページにて

⇒ 飲み喰い処「ろく」 (グルメChaoo)

 

 

ご馳走様でした。

来年も行きますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました