一人飲み、自炊でモツ鍋【自宅】

NO IMAGE

 

今夜は一人飲み、と言うより自炊。

自炊と言っても、奥殿がモツ鍋用の牛ホルモン(今まで豚ホルと書いてきたのは牛ホルの間違い)と、スープなどを用意してくれてたので、鍋に入れて温めるだけ。

モツ鍋2-06

牛のホルモン肉は下茹でして入れた。

 

鍋だけでは少しさみしいからと、鍋とは別に鶏のモモ肉を焼いてみる。

塩コショーして焼くだけだから、実に簡単な料理。

モツ鍋2-13

弱火で焼くため時間がかかる(20分ほど)のが難点。

油も引かずに焼いてるけど、鶏モモ肉からはたっぷりの油が出る。

油が出た分、皮目がカリッカリに焼きあがる。

 

出来上がり。

モツ鍋2-15

外はカリッ、中はジューシーという焼き上がりで実に旨い。

単純な料理だけど、美味しいから好き。

 

今日は日本酒。

モツ鍋2-11

今では手に入れるのが難しくなってしまった、獺祭(ダッサイ)。

友人に家で日常的に飲んでいると話したらびっくりしてたから、やはり入手し難いのでしょう。

旨いから人気が出るのも分かるけど、店によっては倍以上もするプレミア付きで売ってる今の状況は異常。

 

ニラも牛ホル肉もワンセット分しかないので、追加用には鶏モモ肉とネギを用意。

モツ鍋2-05

モツ鍋に鶏肉が合うのかどうか。

 

モツ鍋が煮えてきた。

モツ鍋2-16

唐辛子を入れすぎてピリ辛になってるけど、辛いのは嫌いではないから大丈夫。

むしろこれくらい辛いほうが旨い。

 

鍋料理は用意さえしておけば料理を作るために中座しなくて済むので、一人飲みには都合がいい。

2セット目。

モツ鍋2-17

合うかどうか心配だった鶏モモ肉、、、これが旨い。

牛ホルモンがいい出汁になり、ベースの味噌スープが鶏肉に絡んで頗る旨い。

モツ鍋に鶏肉がこれほど合うとは知らなかった。

 

〆には焼きそばの麺を入れたけど、この前入れたインスタントラーメンよりも旨い。

やはり生麺のほうが旨いということか。

 

モツ鍋のスキルが上がり、だんだんと上手く作れるようになってきた。

生ビールの旨さだけは敵わないけど、これならモツ鍋屋に行かなくて済みそう。

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました