休みの日は一杯飲みながらガッテン流の「しめ鯖作り」【自宅】

休みの日は一杯飲みながらガッテン流の「しめ鯖作り」【自宅】

 

 

よその家ではどうか分からないが、私の家では旨いものがあるとそれが続くことが多い。

今回はしめ鯖で、この前のしめ鯖が美味しかったからと、奥殿が再び鯖を買ってきた。

 

鯖を買ってきてくれるのはいいが、しめ鯖の担当はワタシ。

その私には常任理事国のような拒否権がないから、自動的にお鉢が回ってくる。

とは言え私もしめ鯖は好きだし、それに作ること自体は簡単なことなので、早速作ることにした。

 

もう何度も書いているからクドいようだが、私の作り方は ”ガッテン流”。

最初に砂糖で40分、次に塩で90分締めたら最後に酢で10分締めれば出来上がり。

 

先ずは砂糖で40分だ。

画像でお分かりと思うが、今回作るしめ鯖は二匹。

この前食べたしめ鯖が美味しかったからとのことで、それで二匹買ってきた由。

一つ作るのも二つ作るのも大差ないからいいけどね。

 

しめ鯖は作ること自体は簡単なことだけど、時間がかかるのが難。

なのでアテを作りながら(一杯飲みながらとも言う)の作業がいいのだ。

 

今回は鶏もも肉のクリーム煮をアテとして作ることに。

と言うのも、奥殿がこんな可愛いタマネギを買ってきてくれたので、これが使いたいためにクリーム煮を作るのだ。

こんなベビーサイズのタマネギは初めて見たけど、これはこういうものなのか、それとも育てれば普通サイズのタマネギになるのかは不明。

 

どちらにしてもこれを使ってクリーム煮にするのだ。

それとこの小さなタマネギは一個 5 円!だったとかで、価格もベビーサイズだ。

 

しめ鯖は順調に作業が進み、砂糖で締める時間が終了したので次は塩で締める。

砂糖を洗い流し、水気を拭き取ったら塩をまぶすだけだから簡単なことだ。

 

鶏肉のクリーム煮に並行して、カマスの塩焼きも作る。

カマスに塩を振ってオーブントースターで焼くだけなので、これも簡単なこと。

 

トースターで15分も焼けばカマスの塩焼きの出来上がり。

見た目もきれいに焼けているけど、皮目はパリッ、中もジューシーに焼けていて美味しい。

カマスは白身の上品な味で、どんなお酒にも相性が良いのがありがたい。

 

鶏肉のクリーム煮も出来ている。

半分に切ったベビーサイズのタマネギも美味しそう。

 

さっそく一杯。

初めはやっぱりビール。

グビッと飲めばこれが旨い。

 

奥殿も据え膳で嬉しそうに飲んでいるから、ご同慶の至り。

クリーム煮はいつものようにレトルトのカルボナーラソースで作ったものだけど、濃厚な味に仕上がっていて美味しい。

それと初めて使ってみたベビーサイズのタマネギもトロッとした食感で美味しい。

 

こちらは定番のオニオンスライス。

新タマネギで作ってあるけど、最近は大葉を刻んで合わせるのがレギュラーになってる。

大葉を加えると風味が格段に良くなるのだ。

 

平日は殆どTVを見ないので、録画してあるTV番組を見ながら昼飲みをしていれば、「休み~!」という実感が湧いてくる。

誰に気兼ねすることもなく、好きなものを作って好きな酒が飲めるのが楽しい。

何処かへ出かけるのもいいけど、こうして家で寛ぐのも実にいいものなのだ。

 

そうこうしていればしめ鯖も最終段階で、酢で10分締めるところまできた。

酢で締めたら小骨を抜き、薄皮を剥げば完成だ。

この薄皮を剥ぐのが結構快感で、出来たという手応えが伝わる瞬間なのだ。

 

今すぐ食べてもいいのだけど、今日はお預け。

一晩置くと味が落ち着き、美味しくなる気がするのだ。

明日からの一杯の楽しみが増えた。

 

今日も美味しく飲めて、ごちそう様でした。

 

 

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました