酒豪という奥殿の友人夫婦はやはり酒豪だった【自宅】

 

 

奥殿の友人にAさんという女性がいる。

私はAさんとは一面識もないけど、どうした風の吹き回しか、Aさん夫婦が私も交えて一杯飲みたいというのだ。

 

奥殿とAさんとの会話の中に私のことが出てきて、それで一杯飲みたいということになったようだが、細かいことは承知していない。

ま、飲む話なので断ることもないと思っていたが、それが急遽週末に飲むことになった。

 

聞くところによれば、Aさんのダンナさんは某企業へ出向していたのだが、出向元へ帰ることになったらしい。

ダンナさんの異動はかなり急なことで、それで飲む機会も今週末しかないということになり、急に決まったのだ。

 

Aさんは奥殿の友人なので、私は裏方に徹する。

奥殿がAさんたちを迎えに行っている間にテーブルのセッティングをしておく。

できたダンナだ。

 

これが今日のメニュー。

これに刺身の盛り合わせを付ける。

会話は奥殿が中心になるから、その奥殿が動かなくてもいいように料理も私が作る。

ますます出来たダンナだ。

 

作る手間を省くために、材料は全て事前に準備しておいた。

作るだけにしておけば手早く出来るからね。

 

それと今日の味付けはレトルトのソースとオイスターソースでいく。

これはいつものことか。

 

刺し身の盛り合わせとオニオンスライスは、到着前に並べておいた。

これだけで取り敢えずは飲めるからね。

 

刺し身はこんな盛り。

鯛、マグロ、サーモンにエビ、もう一種類は何だったか忘れてしまった。

 

こちらはオニオンスライス。

これはいつもの物。

 

時間通りに到着したAさん夫婦。

先ずは乾杯。

新ジャンルのビールで恐縮。

Aさん夫婦は素晴らしい飲みっぷりで、気持ちいいほどビールが空く。

 

聞けばAさん夫婦は二人ともお酒が好きとのこと。

実際この夜もスカッとした飲みっぷりで、全くぶれないのが凄い。

 

カキのオイスターソース炒め。

Aさんのダンナさんは、殻付きの牡蠣を自分で捌いて食べるほど牡蠣が好きなのだそうだが、この料理は合うだろうか。

そのダンナさんの評価はとても美味しいということで、恭悦至極。

それと牡蠣が立派だという。

私が冷凍の牡蠣ですよと応じたら、ビックリしていた。

 

 

Aさんたちが持参してくれたワインを開けたけど、アッという間に飲んでしまい、これは翌日撮った空瓶。

スペイン?のワインだったと思うけど、美味しかった。

 

この後は日本酒をしっかりと飲んでしまい、かなりの酔っ払い。

画像はこの百春しか写してないけど、獺祭も青の百春もガンガン飲んでいる。

事前に酒豪と聞いていたけどその通りで楽しい。

 

ある人から頂いた出羽桜も出した。

これも瞬く間に空っぽ。

強いね。

 

いい気分だけど、料理人の仕事は続きます。

鶏もも肉のトマトソース煮。

いま見ると盛り付けがかなり雑。

それにキャベツを入れるはずがほうれん草になっている。

やはり酔っているのだろうが、味は大丈夫だろうか。

 

Aさんからとても美味しいけど味付けはどうやるの?と聞かれたので、レトルトですと答えておいた。

しかもパスタソースですと言ったら、驚いていた。

それよりも美味しかったとのことで、良かった。

 

飲むのも食べるのも話すのにも忙しくて、画像を撮っていない。

とにかく話が面白いし、お酒もガンガンいっているから余計に楽しい。

 

Aさんは以前ある航空会社に勤めていて、その時に見聞きした話や(メッチャ面白いけどここではちょっと書けない)、趣味の登山の話などで大盛り上がり。

そんな話を交えながら、延々5時間飲み続けていた。

 

〆のカルボナーラパスタを出したら、ダンナさんがその美味しさにのけぞっていた。

奥さんもイナバウアー状態。

 

ダンナさんからは、これで本当にレトルトのソースで作ったのですかと聞かれたけど、ソースが美味しいというよりも、パスタが旨いのだと思う。

画像がないので以前の画像です

蕎麦でもパスタでも、麺類はやはり麺が決め手。

今日のパスタのディチェコのフェデリーニが旨かったのだと思う。

 

デザート代わりのパン。

Aさんが持参してくれたパンで、カスタードクリームが美味しかった。

って、本当は食べた記憶が無く、それほど酔っていたということ。

 

これは翌朝食べた時の画像で、味の感想もその時のもの。

食べたものさえ忘れているなんて、情けない。

 

それと我々の写真集を見ていたAさんが、画像にあった〇〇に行きたいと言う。

間もなく豊田の地を離れるAさんたちだが、あまり出かけていないから行きたいらしい。

 

我々が出過ぎるのもナンだけど、是非一緒に行きたいとのこと。

社交辞令かもしれないので奥殿に確かめてもらうけど、行けばまた一杯だね。

 

自宅で酔っ払うまで飲んだのは久しぶりだ。

それほど楽しかったということで、ご同慶の至り。

 

また機会がありましたらお願いします。

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました