(再掲)串揚げにチャレンジ 【自宅】

 

串揚げの画像がないので、、、って書いたけど、ありましたので、追記しました。

 

雨模様の夏休み。

行きたいとこがあっても行けないので、こんな日は飲みです。

飲むためには飲むものが必要ということで、いつもの酒屋へ。

 

酒屋では店主が獺祭を取り置きしておいてくれて、Thanks!

他には新規開拓で栃木県の「姿」という初物も買って、こんな豪華なラインナップに。

2014_0814松本城0012

奥殿曰く「居酒屋だね」、、、それって褒め言葉?

 

一番左の小左衛門は、いつものバージョンではなく、ちょっと高級なもの。

これだけ揃えば一ヶ月以上は楽しめます。

 

 

 

 

 

酒屋の美形の奥さんから、漬物をプレゼントされて、嬉しい。

もちろん奥さんお手製。

2014_0814松本城0020

さっそく酒のツマミにしたけど、酒飲みのツボを心得た味。

酒粕が効いた漬物は甘美な味で、酒屋の奥さんが作っただけのことはある。

売り物として売ってれば、買いたいレベルの味。

 

飲んでるのは新顔で栃木県の「姿」、山田錦バージョン。

初めてのお酒だけど、芳醇な香りと酸味の効いた味で、旨い。

甘ったるさは無く、飽きの来ない味です。

 

 

 

漬物だけでは当然足りないので、今日は串揚げにチャレンジ。

事前に串揚げ用に買ってきてもらった、海老、帆立などを揚げてみます。

どれも刺身で食べられるけど、串揚げに。

味付けが分からないので、市販のから揚げ粉にまぶして串に刺して揚げるだけ。

 

油の温度は170℃前後がいいとのことで、温度計で測ってジャーっと揚げます。

意外と簡単。

 

 

 

出来たのがコレ。

きん魚-076ちょっと揚げ過ぎたか、、でも食べてみれば旨い。

串揚げにはやっぱりビールでしょ、ということでビール。

キンと冷えたビールに、熱々の串揚げがピッタリ。

 

漬物に日本酒で始めたのに、後から串揚げにビールってのも変なスタイルだけど、家飲みなのだから、拘ることも無い。

好きなように飲めるのが家飲みのいいところ。

 

 

海老も帆立も刺し身で食べられるのだから、レアぐらいの揚げ方でもいける筈。

2セット目は揚げ過ぎないように注意して揚げたけど、やはりこれぐらいの揚げ方の方が旨い。

串揚げ-01

海老の頭を付けたままなので、豪華に見える。

 

 

 

 

 

ビールと相性抜群。

串揚げ-05

帆立好きの奥殿は、帆立の串揚げをかなり食べてたけど、美味しいとのこと。

「これから串揚げは任せるワ、」というい事でしたが、任せなさい。

 

 

これならテーブルで「お座敷串揚げ」なんて出来そう。

揚げたて熱々の串揚げを食べながらビールなんて、いいね。

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました