鮨屋へ行っても ”茶飲み友だち” ですか「鮨処よし田」【豊田市】

鮨屋へ行っても ”茶飲み友だち” ですか「鮨処よし田」【豊田市】

 

 

ボランティアで携わっているイベントがあり、その案内状の発送作業があった。

案内文書を作ってプリントアウトし、宛先データもプリントアウトして、それを封筒に詰めて封をするという単純な作業だけど、宛先が数百にも及ぶからこれがなかなか大変な作業。

IMGP6290-1

仲間7人でやったから2時間弱で済んだけど、これを一人でやるとなれば一日がかり。

と言うより一人でやれば、投げ出している。

みんなのおかげで助かった。

 

そんな作業が終わったのはちょどお昼。

ランチに行こうかと思えば、それぞれ用事や仕事があるとのことで、残ったのは名古屋から来てくれた女性だけだったけど、彼女はメンバーの中でも一二を争う美形。

しかもお嬢さん育ちの上品な人。

 

そんな彼女とランチが出来るチャンスは滅多にないからと、ランチに誘えばOKとのこと。

胸ワクワク。

 

彼女に何がいいと聞けば和食がいいとのことなので、向かった先は「鮨処よし田」。

IMGP6291

ちょっと遠いけど、彼女の車で送ってもらった。

 

鮨屋は空いていて、カウンター席へ。

彼女はお茶、私は冷酒。

IMGP6295

美女といると緊張して話の取っ掛かりが掴めない。

 

鮨は大将にお任せ。

これは突き出しのメカブ。

IMGP6292

トロミのあるメカブがとても美味しい。

彼女はこういった系統の料理が大好きだとかで、しかもここのメカブはとても美味しいとのこと。

気に入ってもらえてよかった。

 

玉子焼き。

IMGP6293

昔は玉子を自分の店で焼いていたけど、今は既製品を使う店が多い。

この玉子焼きは自家製なのだろうか。

 

マグロ。

IMGP6294

江戸前の握りなのでタレが塗られている。

もしかすると漬けかもしれない。

 

海老。

IMGP6296

天使の海老握りというネーミングで、生の海老握り。

彼女はこれがすごく気に入ったようで、美味しいと言っていた。

 

白身だけど、何だったか忘れてしまった。

IMGP6297

ヒラメだったかな。

 

トロ。

IMGP6298

中トロで、上品なマグロの油が旨い。

 

彼女はトロが苦手とのことで、私にどうぞとのこと。

IMGP6299

遠慮無く頂戴した。

 

私の友人に器の大きな男がいる。

その彼は数年前に彼女と別れたらしいけど、彼女とは15年も付き合っていたとのこと。

彼の立場からは決して褒められることではないけど、ひたむきに付き合っていたことや、彼の素直さというか真っ直ぐさというか、裏表の無い心情に好感を覚える。

 

そんなことを今日来てくれた彼女に話していたら、彼女が ”男って馬鹿ね、でもそういう馬鹿がやれる男って魅力もあるよね” とボソッと言っている。

 

確かにその通りで、馬鹿なことを一生懸命にできる彼が、私は好きだ。

私も馬鹿をしてみたいけど、私では器が違うな。

 

アワビ。

IMGP6300

この店でアワビの握りは初めて。

 

そんな話をしながら、ところで貴女と私はどんな関係だろうかと聞けば ”茶飲み友だち” だそうだ。

 

茶飲み友だち、、嬉しいようなそうでもないような。

老後の楽しみができたけど、やはり彼と私ではスケールが違うということだ。

 

コハダ。

IMGP6301

コハダが置いてあさるのは、さすが江戸前の鮨屋。

 

他にもシャコとかトロ鉄火、穴子などアレコレあったけど、画像は撮っていない。

美人と食事してるから、カメラは後回しになる。

 

彼女からとても美味しかったということで、恭悦至極。

 

鮨処「よし田」 (食べログ)

 

やっぱり美女と食事すると、美味しいものが余計に美味しくなる。

ごちそう様でした。

それにお腹もいっぱいだ。

 

帰りは電車で帰ろうとしたら、家まで送ってくれるという。

名古屋の人に豊田の街中を右だ左だとウロウロとさせてしまい、恐縮。

 

また食事に誘いたいけど、次も ”茶飲み友だち” ですか?

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました