チキンカツ以外に、ジャズもビールのアテになる?

チキンカツ以外に、ジャズもビールのアテになる?

 

日のアテはチキンカツ。

私の家の晩ご飯といえば、それはお酒を飲むことを意味する。

 

そのため晩ご飯のおかずは自動的にアテに。

今日の晩ご飯がチキンカツで、それがそのままビールのアテになるのだ。

 

揚げ物を揚げるのは私の担当なので、この日も私がチキンカツを揚げた。

もちろん作ったのは私ではなく奥殿。

そのまま奥殿が揚げればいいと思うのだが、私が揚げた方が美味しいとの ”褒め言葉” に乗せられ、この日もセッセと揚げた。

 


 

意されていたお皿に盛り付けて完成。

チキンカツの他に、茎ワカメの中華和えなどの小皿が並んでいる。

 

こういったおつまみ系の小皿が並んでいるのは、飲兵衛にとっては嬉しいもの。

一つ一つはそれ程の量ではないけど、これが有ると無いとでは楽しさが違うからね。

 

これは冷奴で、豆腐にカニカマを乗せただけ。

それでもこれが美味しいアテになる。

 

こちらは大根の漬物。

こんなものでもいいアテになるもので、贅沢なものでなくてもアレコレとあるのが嬉しい。

 

そしてビール。

いろんなアテを摘みながら飲むのが、美味しいし楽しいのだ。

 

そしてもう一つ、必須のアイテムがある。

それはミュージック。

 

食事中はテレビを見ないので、そのままだと無音になってしまう。

会話が弾んでいればいいのだろうが、そこまで話が続かない。

ということで音楽が必須のアイテムになる。

 


 

ま音楽を聴くと言えば 、ネット配信で聞くのが主流。

私の家でもCDを買わなくなって久しい。

 

そして音もCDよりいい感じがする。

理由は知らないが、ネット配信の方がCDより音がいいのだ。

 

詳しいことはこちらにあったので、興味のある方はそちらを参照していただければと。

日経 Xtech

 

この日も Amazon Music でジャズを流していたが、これが実にいい雰囲気

流していたのはケニー・G のサックス。

今風のスムーズジャズで、気分よく聞き流すことができる。

 


 

ャズと言うと難しい顔をして、真剣に向き合って聴くものという感じがある。

私が初めてジャズを聞いたのは高校生のときで、同級生にジャズ喫茶に連れて行ってもらったのが初めて。

 

その同級生は岡崎市に住んでいて、岡崎にあった阿蘭若あらんにゃという喫茶店で初めてジャズに出会ったのだ。

店には大きなスピーカー据えられ、お客さんは一言も喋らずに真剣にジャズを聴いていた。

 

シンと静まり返った店内に流れるジャズ。

お客さんは何か悩みでも抱えているのかという感じで、難しい顔をして聴いている。

私にとってのジャズは、そんな感じで始まったのだ。

 

後年、ジャズはそんなに難しいものではなく、もっと楽しんで聞くものと向きが変わった。

特にナベサダ(渡辺貞夫)あたりのジャズは陽気で楽しく、難しい顔をして聞くのがジャズではないと思うように。

 

ところで岡崎にあった阿蘭若あらんにゃという店。

今でもあるのかと調べてみれば、平成20年(2008年)に閉店されたとのこと。

いい店で懐かしくもあって行ってみたかったけど、これも時の流れかと。

 


 

楽を聴きながらの飲みは気分がいいもので、ジャズも立派なアテになる。

少し酔った感じで聴くのが一番心地よく、好きな曲になると箸が止まってしまう。

ボリュームを上げて聴き入ってしまうからだ。

 

美味しかったし、ジャズも心地よかった。

今日も美味しくて、ごちそう様でした。

 

ブログ村のランキングに参加してます⬇


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村