2015年「タカドヤ湿地」の紅葉【豊田市 稲武】

 

治部坂高原、おんたけ自然湖に続いてタカドヤ湿地の紅葉を見に行ってきた。

タカドヤ湿地は豊田市北部の稲武(イナブ)にある湿地で、去年初めて行ってその素晴らしい紅葉に魅了され、それで今年も行くことに。

 

いつものようにR.153で足助(アスケ)を抜け、稲武を目指す。

豊田市からは40Kmほどの距離で、あっという間のショートツーリング。

途中で一緒になったのはポルシェの356。

JVC-01

1950年代の車なので半世紀!も前の車。

クラシックな車だけど、軽やかな素晴らしいエクゾーストサウンドを響かせている。

 

旧い車とはいえ、さすがはポルシェ。

路面に張り付くようなコーナリングで速い。

JVC-02

詳細は不明だけど、ここまでいいコンディションを維持するのは大変だと思う。

 

参考までにポルシェの356はこんな車で、セクシーでキュートなボディーラインが素敵。

miyamae base

我々はタカドヤ湿地に向かうため途中で曲がってしまったので、オーナーと話す機会がなかったのが残念。

 

それはさて置き、一時間ほどでタカドヤ湿地に到着。

タカドヤ-001

駐車場はないから路駐。

ほとんど人が来ないから路駐でも大丈夫だけど、ここが有名になって大勢の人が来ると困ることになる。

 

紅葉の色づきは60~70%程度か。

タカドヤ-005

去年の紅葉が時期も天候もドンピシャで、素晴らしすぎたとも言える。

 

それでも池に映える紅葉が美しい。

タカドヤ-018

ただしこの一ヶ月ほど雨がほとんど降っていないので、池の水が少ない。

 

木々も乾燥してるような感じ。

タカドヤ-019

しっとり感というか潤いが少ないように見える。

 

湿地の周りを一周してみる。

タカドヤ-022

いい感じだ。

 

木によっては完全に紅葉しているものもある。

タカドヤ-024

心が洗われる。

 

ウットリするような景色。

タカドヤ-026

モミジの葉っぱ一枚一枚が細かく、繊細な感じ。

 

朝日を浴びて輝いてる。

タカドヤ-029

タカドヤ-030

陽は当たってるけど気温は低く、ダウンパーカーを着込んでいて丁度いい。

気温は氷点下に近い感じで、カメラを持つ手が冷たい。

 

これほど冷えるのだから数日もすれば一番の見頃になりそう。

タカドヤ-048

土手の道も乾燥気味。

 

逆光のほうが綺麗に見える。

タカドヤ-046

タカドヤ-044カメラマンが数人いるだけでとても静か。

 

人の声や車の音もせず、自然の音しかない静寂な世界。

タカドヤ-057

タカドヤ-050

セキレイが沢山飛び交って、鳴き声が楽しい。

我々に付いて回ってるようにもみえる。

 

鳥の鳴き声にも癒される。

タカドヤ-059

作られた美しさではない自然の美。

 

一周してきた。

タカドヤ-062

1キロほどの距離だから散歩にはいい。

 

ロードスターに写り込んだ紅葉。

タカドヤ-068

紅葉のピークにはホンのちょっと早かったけど、ここまで色づいていれば満足。

 

この後は紅葉の名所をもう一箇所見てから恵那に向かうことに。

恵那ではいつもの五平餅屋へ行くのだけど、この続きは次回ということで。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました