年が改まっても飲むことから始まった2018年【自宅】

 

 

2018年も穏やかに明け、身支度を整えてさっそく新年の宴。

ここ数年、家のお正月はホンの形ばかりのお節料理で、こんな感じのもの。

以前は店屋物のお重で用意していたが、量が多くて飽きてしまい、数年前からこんな簡素なスタイルで過ごしている。

 

中央に乗っているエビは、私が焼いたもの。

暮れに買い物に行ったら美味しそうなエビがあったので、買ってきたのだ。

 

串に挿して塩を振り、

あとは魚焼き器で焼くだけという簡単なもの。

 

いい感じで焼けた。

焼き加減を確かめるために熱々を食べてみたけど、かなり美味しかった。

 

焼き立てが一番美味しいのはもちろんだが、お節用なので冷めてしまうのは仕方ない。

それでもそこそこに美味しいと思うし、大き目のエビなので見映えがいいのがいい。

 

因みにこれはお節用に売っていたエビ。

お節にはこれぐらいの大きさが普通なのだろう。

 

これだけでは済まないから、他にローストビーフも用意した。

これも自作だ。

これがお節料理になるか微妙なとこだけど、今は何でもありの時代なのでこれもアリということで。

 

豪華なお節ではないけど、新春らしくていいのでは。

こんなラインナップで、今年の飲み始めとする。

 

用意したお酒は「百春」。

岐阜・美濃市のお酒で、吟醸香の香り豊かなお酒。

フレッシュでフルーティーなお酒で、新春に飲むにはピッタリの美味しいお酒だ。

 

冷酒で飲むから冷酒用の酒器が合うのだけど、今日は熱燗用の酒器でいってみた。

織部の梅の花の猪口が春らしいと思って、このスタイルにしたもの。

 

飲み始めれば「百春」が美味しくて、グイグイといってしまう。

こんな朝から飲んでしまっていいのかと思うけど、今日はお正月。

正月なら朝から飲んでもいいだろうからと、結構飲んでしまいいい気分に。

結局はいつもの夜と同じように飲んでしまい、恐縮。

 

締めはお雑煮だ。

三河の伝統的なお雑煮は、すまし汁に餅と菜だけという質素なものだが、今日は白味噌仕立てにエビ入りという豪華バージョン。

この雑煮が旨かった。

2018年もこうして飲んで始まったけど、これもいつものことと、お許しを。

 

ご挨拶が最後になってしまいましたが、明けましておめでとうございます。

今年も楽しくて役に立つブログにしていきますので、よろしくお願いします。

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊田情報へ

ありがとうございました