今年の初めての新酒で小左衛門の「初のしぼり」【自宅】

今年の初めての新酒で小左衛門の「初のしぼり」【自宅】

 

 

近ごろは外食に全然行っていない。

そんな訳でまたもや家飲みのブログで恐縮だけど、お付き合いいただきたい。

 

いつもの酒屋へ行ったら小左衛門の新酒で、その名も「初のしぼり」というのがあったから買ってきた。

imgp7677

買ってくれば飲みたくなるのが人情で、早速これで一杯やることにする。

 

ただしお酒よりビールに合うようなアテが用意されていたので、初めはビールでいく。

そのアテはタラのバター焼きだ。

imgp7664

タラ鍋用に買ってきたものだけど、最近はこのように焼いて食べることが多い。

塩をふってオリーブオイルで焼き、バターで仕上げたほうがタラ本来の味が味わえて美味しいのだ。

そのためにタラ鍋をやることが減ってしまったけどね。

 

それとチキンカツ。

imgp7680

今日は大根おろしがかけられていて、おろしカツになっていた。

おろしカツなら日本酒でも合うと思うけど、カツなのでここはビールでいく。

 

ビールはいつもの新ジャンルで、今日は麦とホップの赤。

麦ホの限定バージョンだ。

imgp7686

う~ん、旨い。

なんでこんな苦いものが旨いのだろうか。

それとアテがビールに合うとか合わないとかではなく、どんなアテであっても最初の一杯はビールがいいね。

 

ビールで禊が済めばいよいよ小左衛門の出番。

imgp7673

「初のしぼり」は文字通り今年の初しぼりで、小左衛門の新酒のトップバッターなのだ。

 

飲めば爽やかな果実香を漂わせ、フレッシュ感あふれるお酒。

小左衛門のお酒に共通する味ではあるけど、やはり新酒というのはいい雰囲気だ。

 

これに合わせてくれたのは鶏大根。

imgp7671

甘辛い味が染みた大根が美味しい。

それに鶏の手羽元もしっとりとした味に仕上がっていて、日本酒ともよく合う。

 

チキンカツも大根おろしで合わせてあるから、和風の感じもある。

imgp7682

ソースではなく醤油味になっているから、これもお酒にあう。

醤油ベースの味だからか、カツと言えども非常にサッパリとした仕上がりになっている。

 

これはいつものオニオンスライス。

imgp7674

今更説明する必要もない定番の料理で、いつもの味。

 

カツも鶏大根もお酒のアテで食べてしまったので、ご飯のおかずは漬物だけで、今日は茄子の漬物だ。

imgp7678

茄子の浅漬だけど、これが白いご飯によく合う。

お酒を飲んだ後には、ご飯に漬物、それに味噌汁があれば十分だし、それがとても美味しく感じる。

 

最近はあまりやらないけど、飲んだ後に食べるラーメンがすごく美味しいことと通じるものがある。

ラーメンラ王-027

〆には体が炭水化物を欲するからといって、いい気になって食べていればデブ一直線。

 

こんな事を繰り返しすのは良くないだろうけど、この誘惑を振り切るのは容易なことではない。

それだけ美味しいものには魅力があるということで、美女に引き寄せられるのと同じことか。

って、関係のない話に飛躍し過ぎだ。

 

美味しかった、ごちそう様でした。

 

 

 

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました