雲ひとつ無いスカッと晴れた休日はワックス日和なのだ【自宅】

雲ひとつ無いスカッと晴れた休日はワックス日和なのだ【自宅】

 

朝起きれば抜けるような青空で、オープンエアでワインディングを駆けるには絶好の日。

だがしかし、今日はフローリングのワックスがけをするとの大号令が下りている。

こんな暑くも寒くもなくスカッとした日は、ツーリング日和であると同時にワックス日和でもあるのだ。

 

奥殿のご下命なので ”こんな絶好の日に” ということは封印して、今日はワックスがけに励むことにしたが、この一件だけで私の家の力関係がお分かりかと。

ま、日頃好き勝手にやらせてもらっているから、ワックスがけ頑張ります。

 

床は汚れているということはないが、全体的に艶引けしている。

一年前にワックスをかけたのだが、一年も経てばワックスの効果も落ちてしまうのだ。

 

全体的にボケた感じで、輝きがない。

このままでも困ることはないが、光るところは光らせたいし、輝いているところは輝かせたいもの。

それにキレイな部屋というのは、そこに居るだけで気分がいいからね。

 

廊下も光の反射がボケている。

この範囲をワックスがけするのが今日のミッションだ。

 

ワックスをかけるコツは下処理をしっかりやること。

掃除機をかけ、ワックスクリーナーで汚れを拭き取るのが肝心なところ。

 

使うのはこれだ。

これを使って汚れを拭き取るのだが、ワックスがけで一番大変な作業が実はコレ。

 

汚れのヒドイところは原液を使ってガシゴシと拭き取る。

そうでないところは水で薄めた液で拭き掃除なのだが、今回は汚れのヒドイところがあまり無く、ほとんど拭き掃除だけで済んだので楽だった。

このクリーナーの作業さえ済めば、ワックスがけは8割方は終ったも同然だ。

 

作業中の画像はない。

雑巾を持って這いつくばっての作業なので、写真を撮っている暇がないのだ。

 

一息入れながら拭き掃除を済ませ、しっかり乾燥させたらワックがけ。

今日は湿度が思いっきり低く、直ぐに乾燥するから助かる。

 

使うワックスはこれ。

ワックスはフローリングワイパーで塗り拡げるだけなので、簡単に済む。

 

ただし乾燥が早いので一気に仕上げてしまわないとムラになるが、あまり細かいことに拘っても上手くいかない。

適当に且つ大胆に塗ってしまう方が上手くいくが、これは私のやり方なので参考にならないかも。

 

塗り終わったのがこちら。

塗る前と比べて光の反射が違うと思うが、如何だろうか。

 

廊下もこんな具合で、艶々になっている。

照明のスタンドが反射して ”逆さ富士” 状態。

 

階段下のデッドスペースもキレイになった。

これで一年は保つだろうから、当分は何もしなくていい。

 

ここまで済めばシャワーを浴びて一杯になだれ込むのが普通だけど、この日はこの後も頑張ってしまい、ガラス拭きもこなして、ついでに庭木の手入れもやってしまうという、八面六臂の活躍。

やれる時にやってしまおうと言うことで頑張ってしまったが、ちょっとやり過ぎだったかも。

 

それでもキレイになったのだから、気分は良い。

そんなキレイになった部屋で一杯にしたのだが、話の続きは明日ということで。

この連休は掃除で終わった気がするが、こんな連休もアリかな。

家がキレイなのは気分がいいからね。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました