安い刺し身の盛り合わせとジャンクなパンで失敗【自宅】

安い刺し身の盛り合わせとジャンクなパンで失敗【自宅】

 

晩ご飯に、珍しく刺し身の盛り合わせが並べられていた。

家で刺し身があまり出ないのは、私が刺し身を得意としていないからだが、全くダメと言うことではない。

食べられないことはなくてもやはり苦手なものは苦手で、できれば炙って欲しいところだが、それは無茶なことか。

 

奥殿に刺し身が出るのは珍しいねと言えば、安かったからとのこと。

マグロにホタテ、太刀魚にハマチの四種盛りで、この皿が三皿出来る量があって千円だったとか。

 

居酒屋ならこの一皿で600~800円ぐらいはするだろうから、確かに安い。

実は鯛もあって五種盛りだったけど、私の器に盛り忘れたとのことだったから、更に安い。

 

だが値段には全て理由があって、安いには安い理由がある。

不味い刺し身なら安いのではなく値段相応ということで、食べてみないと本当に値打ちかどうかは分からないものだ。

 

刺し身だけではちょっと足りないということで、シシトウを炙ってくれた。

大根おろしにかつお節がかけられていて、美味しそう。

 

こんなラインナップで一杯とする。

今日は ”青” の金麦。

もしかすると初めて飲むかもだが、どんな飲み味なのだろか。

 

麦とホップのグラスに青の金麦という、ミスマッチな組み合わせ。

グイッと飲めばやはり味の違いを感じる。

赤の金麦と比べれば、赤の方は熟成感のある味で、青はメリハリの効いた感じがしてシャープさがある。

 

同じ金麦でも赤と青を同時に出してくるのも大変だろうが、味の違いを演出するのも大変なのでは。

しかも頻繁にニューモデルを出してくるのだから、この業界の技術者も忙しいね。

 

それはそうと今日のメインディッシュの刺し身だが、食べたらこれが美味しくない。

全体的に水っぽくて食感が悪いし、味もボケているのだ。

 

特にマグロが水っぽくておまけに魚臭く、身が崩れた感じがする。

解凍に失敗したかとも思うが、元々こういうものなのかもしれない。

 

ハマチは見た目からして質が落ちるし、太刀魚は身が痩せていて皮を食べている感じ。

ハッキリ言って不味い。

やはり安いものには安い理由があるもので、この一皿を食べ切るのが精一杯だった。

 

値段的には比べ物にならないが、こっちのシシトウ焼きの方が遥かに旨かった。

この一皿で100円もかかっていないだろうが、値段と味は比例しない。

そう思うとますます刺し身の不味さが恨めしくなるが、値段だけで判断して飛びつくと、こういう失敗もあるということだ。

 

水っぽい刺し身を食べたためか、ご飯が食べたくない。

ご飯の他に何かある?と聞けば、こんなのがあると出されたのがコレ。

ホイップクリーム・クロワッサンと書いてある。

 

だけどクロワッサンにはとても見えず、どこからどう見てもパンにしか見えない。

しかもホイップクリームとあって、私の思い描くクロワッサンとは異次元のものだ。

 

とは言え頂戴することにする。

半分にカットして出してもらったが、やはりパンだ。

 

切り口はこんな感じ。

クロワッサンは生地にバターを塗って何度も折りたたんで作るから、焼き上がれば生地が ”層” になっている。

これはそんな手間なことはしてなくて、言わば ”もどき”。

 

ホイップクリームももちろん本物のクリーム(生クリーム)ではなく、油で作ったもの。

クロワッサンもどきのパンに、油で作ったホイップクリームという組み合わせのパンで、健康・安全志向の方なら突っ込みどころ満載のジャンクな食べ物だ。

 

で、どうしたかって?、もちろん食べましたよ。

一つ食べたからと言って、それが直ちに健康を害するものでも無いからね。

たけどこういった物ばかり食べていれば、それは体に良くないと思うが。

 

次はちゃんとしたクロワッサンが食べたいものだ。

加えてちゃんとした刺し身もね。

 

この日は煮え切らない食事だったけど、たまにはこういう事もある。

ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました