奥殿元気でランチに出かけ私は家で自炊&一人飲み【自宅】

奥殿元気でランチに出かけ私は家で自炊&一人飲み【自宅】

 

今日は奥殿がランチ(食事会?)に出かけるとか。

こんな日は私も外で一杯と行きたいところだが、昼から飲みたくなるような気の利いた店が思いつかない。

 

それに外で飲むより家で飲んでいた方が気楽だから、自炊&一人飲みと洒落込んでみた。

尤もそれはいつものことではあるが。

 

休日の朝は遅く起きてもいいものを、5時半に目が覚めるという節操の無さ。

そんな朝早くに起きても迷惑なので、ラジオを聞きながらウダウダしていれば二度寝してしまい、気が付けば8時前という無計画な人生。

 

それから朝シャワーを浴びて上がってくれば、台所の蛍光灯が切れたから替えて欲しいとのこと。

蛍光灯を買いに電気屋まで走って交換すれば既に昼前で、奥殿はランチへ出かけて行った。

 

さぁ一人宴会の始まりだ、とは言ってもアテがないから作らなくてはならない。

これが居酒屋ならアレが欲しい、コレも食べたいの一言で済むけどね。

 

家飲みの最大の欠点は、作る人と飲む人が同じということで、面倒といえば面倒。

だけど自分の好きなものを好きな味で味わえるのは、いい点ではある。

それに何と言っても気楽。

これに加えて美女がお酌してくれれば最高だけど、そういうことはないな。

 

作ったのはコレ。

久しぶりの鴨のスモークをメインにして、野菜炒めや冷奴を用意した。

 

鴨のスモークや冷奴は切っただけだから、作った内には入らないか。

切って盛りつけるだけなので作ったと言えるか微妙なところだが、私が作ると言えばこんな程度。

それでもやらないことを思えばやるだけ立派と、褒めておこう。

 

冷奴も同じ。

冷奴といえば飲食店でも切って盛り付けるだけだから、大差ない。

ただし盛り付けはもっと洗練されているだろうけどね。

 

これはポテトサラダ。

ポテトサラダだけでは色気に欠けるからと、カニカマをトッピングしてみた。

 

そう言えばここ最近、本物のカニを食べていない。

家ではカニカマばかりで、それはそれで別に構わないのだが、たまには本物も食べたいよね。

 

カニは家だと上手く調理できないからカニの料理屋で食べることになるが、カニは高級品。

料理屋で食べれば一人一万円はするだろうから、気楽には行けない。

何かのイベントに合わせて行けるよう、段取りしますかね。

 

この日、唯一ちゃんと作ったものがこの野菜炒め。

タマネギやシシトウ、エノキなど冷蔵庫にあった野菜と肉を適当に炒めたものだ。

 

味付けは創味シャンタンなのだが、使う分量がいつもよく分からない。

なので目分量で適当に入れているが、入れ過ぎると塩辛くてどうしようもなくなるから、入れ過ぎないように少な目にしている。

味が濃過ぎるのはどうにもならないが、味が薄いのは後からでもなんとかなるもので、お皿に盛ってからでも調整できるからね。

 

アテが用意できれば早速イッパイとする。

う~ん最初の一杯は特に旨い。

それに季節も初夏のような気候になってきたので、余計にビールがいい感じ。

 

とは言えビールはお腹が張ってしまうので、たくさんは飲めない。

いつものことではあるがお酒にチェンジで、小左衛門でいってみた。

これは小左衛門の信濃・美山錦バージョンで、小左衛門の中でも一番ポピュラーなものなのだが、酒屋の店主がいつもの美山錦の味とは違うと言うのだ。

 

どう違うのかと言えば、酸味が強くて味がマッタリしているという。

酸味が強ければ切れがあると思うのだが、どうもそうではないらしい。

 

私のお酒の嗜好性を知っている店主が言いたいことは、あまりお勧めでは無いということが言いたいようだったが、飲んでみなければ分からないからと買ってきたもの。

で、飲んで見れば確かに店主の言っていた通り、いつもの小左衛門・美山錦とは違う味。

 

瓶には ”別誂” のラベルが貼ってあったから、実験的に作ったものだったかも知れない。

切れのある酸味を期待している向きにはマッタリ感を感じるかもだが、今風のワインテイストな味とは言える。

この辺りは評価の難しいところで、飲む側の嗜好と作る側の方向性が合うか合わないかによって、評価が大幅に分かれるところ。

 

個人的にはキレが欲しいところだが、不味くて飲めないということは無い。

いろんな味わいがあって、それも楽しいということだ。

 

それにしても件の酒屋の店主は、数え切れないほどのお酒の味を記憶しているものと感心する。

売ることが商売だから当然なのかもしれないが、その前にお酒が好きということかな。

この店主の勧めるお酒に間違いはないし、今まで勧められたお酒でハズレはない。

ありがたい酒屋であるし、頼りになる店主だ。

 

飲みながら録画してあったBリーグのファイナルを見ていれば、これが最後の最後まで楽しませてくれる好ゲーム。

結果はアルバルク東京の連覇だったけど、千葉ジェッツの追い上げも凄かった。

バスケットがこんなに盛り上がっているとは知らなかったが、バスケットも面白いね。

 

Bリーグも見終わって、締めはトースト。

お酒の後の締めには似つかわしくないけど、家だから気楽にと言うことで。

 

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました