メチャメチャ辛かった辛味順位 ⑥ のジャワカレー【自宅】

メチャメチャ辛かった辛味順位 ⑥ のジャワカレー【自宅】

 

家で作るカレーはいつもグリコのカレーを使っているのだが、辛味と言うかスパイシーさがもう一段あればより美味しいのではと思っていた。

そのことを奥殿に話していたら、辛いカレーを買ってきてくれた。

 

それがハウスのジャワカレー。

ジャワカレーは元々辛いカレーらしいのだが、その中でも一番辛いのを選んできたとか。

 

メーカーの辛味順位では ⑥ とあって、最高に辛いらしい。

これがどの程度辛いのか食べてみなければ分からないから、早速作ることにした。

 

作り方はグリコのカレーと大差ない。

入れる具材も同じ。

 

じゃが芋は入れないが、これもいつものことだ。

じゃが芋を入れないのは、カレーライスとして盛ったとき、じゃが芋とご飯の組み合わせが好きではないからだ。

 

それと今日はシメジを入れるが、これは奥殿のリクエスト。

ちょっと前に作ったカレーに、余っていたシメジを入れたらこれが美味しかったとのことで、今回は先発メンバーとして初めから入れてみた。

 

タマネギはガッツリと入れる。

箱に書いてある量の倍ぐらい入れてしまうが、たくさん入れると美味しくなる気がするからだ。

それにカレーが出来上がった時には溶け込んでしまい、形としては残らないから邪魔にもならない。

 

タマネギとニンジンはしっかり炒める。

いつも10分ぐらいは炒めている。

 

途中で肉とシメジを入れてさらに炒め、その後、水を入れて20分ほど煮込んでいく。

最後にカレーの素を入れてさらに煮込むのだが、煮込んでいる間はヒマなので飲みながら待っている。

と言うか、飲みながら作っていると言った方が正しいか。

 

この日は鴨の燻製を出してきて、軽く飲みながらカレーを作っていた。

この鴨の燻製は安い物だけど、これが美味しい。

しかも冷凍物なので解凍して切るだけというお手軽なもの。

だけど見栄えも良く、イザという時にはとても助かるひと品だ。

 

飲みながらカレーを作っていれば煮込んでいる時間も気にならないが、いい気になって飲んでいれば酔ってしまうので、飲み過ぎには注意。

とは言えビールと鴨の燻製の相性がいいので、ビールがグイグイと進んでしまう。

 

カレーはまだ煮込んでいて出来ないから、シシトウを焼いてもらった。

シシトウは、ご飯のおかずには向かないがアテとしてはいい感じ。

ピリッとした辛味が夏向きだ。

 

こんな感じで一杯飲んでいればカレーが出来た。

お腹も空いたので早速カレーライスで盛ってもらった。

どんな味かと一口食べればこれが辛い!

メッチャメチャ辛いのだ‼

 

食べ進めば辛さにも慣れるかと思って食べていたが、辛味がどんどん蓄積されていく感じで、顔も火照ってくる始末。

元々辛味に強くない奥殿に至っては、涙目で半ばギブアップ。

 

半端ない辛さにビックリだ。

ハウスのジャワカレー、ナメてました。

ジャワカレーがこれほど辛いとは、知らんかった。

 

さすが辛味順位で一番辛い位置付けだけのことはあって、たまらない辛さ。

私には無理目な辛さのカレーだった。

 

で、完食したかって?

ハイ、ハチ蜜を混ぜて完食しましたけど、カレーにハチ蜜を混ぜるとは ”お子ちゃま” だな。

 

今日は辛かった、ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました