レタスの外葉を使って焼きビーフンを作ってみた【自宅】

レタスの外葉を使って焼きビーフンを作ってみた【自宅】

 

レタスがある。

レタスはしょっちゅう買ってきてくれるのだが、外側の葉っぱの2~3枚は固く、生の野菜として食べるには美味しくないからといつも捨てていた。

 

それが勿体無い気がしていたのでネットで調べてみれば、加熱すれば美味しく食べられるとある。

加熱すれば美味しいのだったらと、さっそく焼物の具材として使うことにした。

 

外葉には農薬が残っているから食べないという方もおられるようだが、市場に流通している野菜に農薬はほとんど残っていない。

出荷前の一定期間は農薬を使わないし、残留農薬についての基準もあり、生産者や流通の側で厳しくチェックしているからだ。

 

それに収穫する時に外葉の数枚は取ってしまうから、大げさに心配することはない。

加えて家で調理するときにも洗うだろうから、残留農薬についてあまり神経質になる必要もないと思うが、どうだろうか。

 

それはともかくとして、レタスの外葉を使って何を作るかだが、奥殿の希望で焼きビーフンにすることになった。

もしかして(もしかしなくても)それって私が作るんですか?

 

焼きビーフンはパスタと同じで、私が作る方が美味しいと言うのだ。

なんか ”乗せられている” 気がしないでもないが、褒められれば嬉しいもので、いそいそと焼きビーフンを作ることに。

 

使うのはケンミンの焼きビーフン。

味も付いているインスタントものだが、これが美味しいし、手間がかからないので助かる。

 

入れる野菜はこちら。

レタスの外葉とモヤシ、それにシメジだ

 

それに肉を入れると美味しいから、豚肉も入れる。

使う肉は ”四元豚” の肩ロースで、mada in USA の輸入肉。

 

”三元豚” とか ”四元豚” というのはブランドの名称ではなく、掛け合わせる豚の数を表したもの。

三元豚は、掛け合わせる原種の豚が3種類で、国内で流通している豚肉のほぼ100%は三元豚。

それをブランドのように思っている奥さん方もおられるようだが、それは間違いで、単なる呼称に過ぎない。

 

三元豚 (Wikipedia)

 

因みに ”四元豚” といえば輸入豚肉のことで、これもブランドのことではない。

三元豚と四元豚のどちらが美味しいかは難しいところだが、四元豚の方が手間とコストが余計にかかっていることだけは確か。

それなのに四元豚のほうが安いって、ナゼ?

 

スイマセン、どうも話がソレルことが多く恐縮。

焼きビーフンです。

 

ケンミンの焼きビーフンは味も付いているから基本的にそのままでOKなのだが、野菜などをたっぷり入れるから味が足りなくなる。

そこで味を足すのだが、私はオイスターソースを加えている。

オイスターソースを使うとコクも風味もグッと増して、味も数段グレードアップするからだ。

味ということではオイスターソースは魔法のようなソースで、とても重宝している。

 

焼きビーフンだけでは物足らないからもう一品作りたいが、悲しいことに作ることの出来る料理が少ない。

何かないかと冷凍庫の中を探せばギョーザがある。

これさえあれば何とでもなる。

 

焼きビーフンを作りながら、早速ギョーザも焼くことにした。

と言ってもフライパンに並べて焼くだけのこと。

水も油も要らず羽根つきのギョーザが出来るなんて、ありがたい限りだ。

 

焼き上がったギョーザがこれ。

こんな羽根つきのギョーザが誰でも出来てしまうのだから、味の素の技術者には頭が下がる。

しかもこれが美味しい。

最近、外でギョーザをほとんど食べなくなったのは、この味の素の冷凍ギョーザのためで、それほど安くて美味しいしということだ。

 

他に冷奴なども適当に並べて、早速一杯。

ビールが美味い季節になってきたが、蒸し暑い中、エアコンを入れずに冷たいビールを飲むというのが一番美味しい。

 

今は冬でもアイスクリームを食べるが、季節感はない。

やはり暑いときに冷たいものを食べるのが美味しいのであって、ビールも暑い日に飲むのが一番。

 

子供の頃には家にエアコンなど無く、夏は扇風機があるぐらい。

そんな中、冷たいかき氷や冷えたスイカを食べるぐらいがせいぜいで、それでナニということもなく過ごしていたし、それがまた美味しかったのだ。

今はエアコンもあるし冷たい食べ物も多いけど、昔の方が季節感はあったと思う。

 

焼きビーフンもいい感じに出来た。

こうしてみるとレタスが少なかったようで、もっとたくさん入れてもよかった。

 

焼きビーフンに入れたレタスに、違和感は全く無い。

むしろシャキシャキ感がしっかり残っていて美味しい。

これは使える。

今までレタスの外葉を捨てていたのが悔やまれるが、これからじゃんじゃん使うことにする。

 

奥殿からも美味しいとのことで、ご同慶の至りだ。

尤もそれもその筈で、何と言っても ”据え膳” だからね。

世の中の奥様方にとっては、ご飯の支度をしなくてもいいというのはとても嬉しいことらしいのだ。

 

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました