路地に佇む「割烹 なり田」で美女と味わう上等な料理【豊田市】

路地に佇む「割烹 なり田」で美女と味わう上等な料理【豊田市】

 

ミシュランのビブグルマンに輝いた「割烹 なり田」へ行ってきた。

この日一緒した女性から、「ビブグルマンのお店へ行きたい」というリクエストがあったからだ。

 

豊田市にはミシュランのビブグルマンに評された店が二軒あり、寿司の「朋輩」ともう一軒が割烹の「なり田」。

寿司の「朋輩」へは既に彼女と行っているから、今回は「なり田」にした次第。

 

店は細い路地にひっそりと佇んでいる。

この ”路地” に存在しているところもお洒落で、いい雰囲気を醸している。

外観からして ”らしさ” があるのだ。

 

市街地の再開発と言うと、区画を整理し道を広く真っ直ぐにすることが多いが、それでは ”味” が出ない。

特に飲み屋とか飲食店などは、広い道に面していては興冷め。

国道のバイパス沿いなどに、居酒屋や鮨屋などをあまり見ないことからもお分かりかと。

 

飲み屋などの飲食店は、路地のような ”人肌” 感覚の狭い道が合うもので、そういう意味で再開発は歓楽街に向いていないと思うが、どうだろうか。

どこの街でも歓楽街というのはバスが走るような広い道にはなく、細い路地にあるものなのだ。

 

前置きが長くなってしまい恐縮。

割烹「なり田」へ入店だ。

看板には ”割烹” とあるから日本料理屋を想像されるだろうが、雰囲気的にはワインバーのイメージ。

 

和の雰囲気を期待してドアを開けると裏切られるが、それは嬉しい誤算。

瞬時にこの店の洒落た雰囲気に和まされるから、心配には及ばない。

 

店内はカウンター席とテーブル席が2卓という、丁度いい広さと設え。

体にピッタリのジャケットを羽織ったような、居心地のいいサイズ感がある。

 

仕事の都合で一本遅い電車になったという彼女からのメールで、お先に始めることにした。

この店はワインがメインのようだが、日本酒も充実している。

この辺りは ”割烹” を謳う店のことだけはある。

どれも美味しそうなお酒だが、黒竜の「いっちょらい」でいってみることにした。

 

そんなところへ彼女が現れてビックリ。

最初に頼んだお酒がサーブされるより前に到着なのだ。

 

思っていたより遥かに早い到着で、約束通りの時間と言ってもいい。

電車で言えば「定時運行」の範囲で、これで一本遅い電車というのだから、時間に正確な彼女らしい。

 

彼女はワインがいいということで、白のワインリスト。

画像には収まらいので一部のみだが、ワインの種類は多くて30種以上ある感じ。

 

ワインは疎いので彼女にお任せだが、彼女も良く分からないとのこと。

マスターに聞けばいいのだが、料理中で忙しそうなので、ワインリストの最初に書かれているシャルドネのナンチャラにした。

 

カンパイ。

美味しいワインとのことで、良かった。

黒竜の「いっちょらい」も酸味のあるサラッとした感じで、美味しかった。

 

料理も多種ある。

一部分しか載せられないが、刺し身から煮物、焼き物、揚げ物など豊富なラインナップ。

しかもどれも美味しそうで、目移りしてしまう。

 

カウンターのお嬢さんから「今日は鯛が美味しいですよ」とのことで、それをオーダー。

これがその鯛の刺身で、綺麗な盛り付けなのは流石だ。

食べればこれが美味しい。

 

身が締まっていると言うか、しっかりとした歯ごたえがある。

魚臭さなど全く無く、エッジの効いた分厚く切られた鯛が素晴らしい。

スーパーに売っている鯛の刺身とは全く別物で、やはり割烹を謳うだけのことはある。

 

二杯目には「羽根屋」というお酒にしたが、これはカウンターのお嬢さんのオススメ。

富山のお酒で初めて飲むお酒だ。

 

こちらは「くどき上手」。

お酒も好きな彼女のために私が選んだものだが、飲み比べてみれば「羽根屋」の方が相性がいい。

 

彼女も同じ感想で、彼女には「羽根屋」を飲んでもらったが、かと言って「くどき上手」が落ちるという事ではない。

どちらも美味しいお酒で、この辺りは飲む側の相性によって左右されるだけ。

比べることよりも味の違いを楽しむのがいいものかと。

 

豚の角煮。

彼女のオーダーで、彼女は ”肉食女子” だった?

 

私一人だったら頼まなかっただろうが、食べればこれが旨い。

しかもかなり旨い。

 

豚肉がトロットロに煮込まれていて、脂っぽさが全然ない。

口の中で溶けるような食感とともに、上品な甘みさえ感じる。

上等な角煮に仕上がっていて、家で食べる惣菜ではなく、一級の ”料理” になっている。

 

角煮を味わっていれば ”泡” が飲みたくなった。

スパークリング系のワインがいいのだが、値段もいいのでビールでいく。

ビールは小瓶という上品なもの。

小瓶のビールなんて久しく見たことがない。

 

銘柄はアサヒの Premier。

初めて飲む銘柄だと思う。

 

こちらは鯛カマの塩焼き。

これが抜群に旨かった。

さっきの鯛の刺身のカマなので旨いに決まっているが、それにしても旨い。

 

煮付けにも出来ますとのことだったが、鯛の味そのものを味わうには塩焼きが一番。

煮付けだと煮汁の味が勝ってしまい、魚の味が分かりにくくなるからだ。

 

刺し身も、ホントに旨いものは塩で食べて欲しいと言うが、同じ理由。

醤油で食べると醤油の旨さに引きづられてしまい、魚本来の味が伝わらないのだ。

 

蕪(カブ)の蟹あんかけ。

見た通りの上品なひと品で、透き通るような味がする。

 

味付けは品のある薄味で、家では出せない上等な味。

この料理を頼む彼女のセンスも素敵だ。

 

鶏の柚子胡椒焼き。

この料理を見た時、黒くてコゲている?と思ったけど、それは間違いで、黒胡椒の色。

 

食べたら「なんじゃこれは」と言うぐらいに美味くて、びっくり仰天。

これも彼女のオーダーなのだが、これをサラッと頼むのは、料理をよく知っているからだろう。

それにしても美味しい鶏で、柚子を効かせたこんな美味しい鶏料理があるとは知らなかった。

 

こんな美味しい料理を作ってくれたのは、このマスター。

って、顔も写っていないしフレームからもはみ出てしまっているのは、酔っていて上手く撮れなかったため。

 

あまり飲んでいないようでも酔っているのは、美女と一緒だと酔いが早いのかも。

それに時間が経つのも早く、周りのお客さんもお帰りになりつつある。

名残り惜しいが、お開きにした。

 

割烹 なり田(HP)

 

久しぶりに訪ねた「なり田」は、ビブグルマンにふさわしい店だった。

 

それとマスターが私のことを覚えていてくれたのには、驚いた。

訪ねたのは5年ほど前(もっと前かも)のことなのに、覚えていてくれたのは嬉しい。

 

そんなふうに気を使ってくれていたのかと思うと、また行きたくなる。

ということで、また行きます。

いい夜が過ごせて、ごちそう様でした。

 


 

店を出て彼女を見れば、まだ行きたそう。

ということで二軒目にハシゴしたのだが、長くなってきたので続きはまたということで。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました