女子率の高い喫茶店「花筐」の和飲と珈琲で締め【豊田市】

女子率の高い喫茶店「花筐」の和飲と珈琲で締め【豊田市】

 

雰囲気のいい割烹「なり田」を後にして、彼女に「もう一軒どう?」と聞けばOKとのこと。

ただし行き先は決めていなかったから、頭の中ではどこ行こうかとフル回転。

 

こんな時に優柔不断な振る舞いをしているようでは、男としての点数が下がる。

アダルトなバーなどいいが、「なり田」もワインバーのような雰囲気なのでダブってしまう。

 

寿司屋や小料理屋は二軒目使いには不向き。

ということで、ケーキもあってワインも飲めるという「花筐(はながたみ)」に寄ることにした。

 

ここがその「花筐」。

遅い時間なので表の照明が消されているようだが、店はまだ営業中だ。

 

先ずはワインでカンパイ。

銘柄はマスターにお任せ。

この店のワインは全て日本産のものなのが特徴で、そのため看板には「和飲」と書かれている。

 

遅い時間なのだが、女子率が高い。

と言うか、私以外は全て女性。

 

週末の夜なのに、女性だけで居させるのは男に責任があるのでは、と彼女に話せば、男がめんどくさい時もあるから、とのこと。

どんな時に男が面倒になるのか、どんな男がめんどくさい男なのかは聞き漏らしてしまったが、私も ”めんどくさい男” にならないように自戒しないとネ。

 

この店はケーキもウリの一つ。

ワインのアテにケーキもいいもので、さっそくお願いした。

 

これは彼女のケーキ。

これが何かは不明だけど、ひと口もらって食べれば酸味の効いたケーキだったような。

レモンのケーキだったかもだが、酔っていて正確には思い出せない。

 

饒舌になった彼女が、いろんなことを話している。

ワインが効いているからかも知れないが、そうばかりとは言えない。

 

脳科学者の中野信子によれば(そう言えば彼女は中野信子に似ている)、女性が一日に使う単語の量は約2万とのこと。

これは男性の約6千語に比べて3倍以上だから、元々女性はよく話す脳なのだ。

 

話は多岐に渡り、会社の人間関係のこととか、父親が嫌いになった理由とか、これがなかなか興味深い話。

会社の上司とか部下とかは自分で選べるものではないから、上手く対応しないと辛いことになると言う。

 

この日もある上司からこんなメールが来てね、と見せてくれた。

内容はここではちょっと書けないが、男って馬鹿だねと言う内容のメール。

他にもある時、上司が部下を飲みに誘ったら、女子は全員が断ってしまい、仕方なく彼女が女子代表で付き合うハメに。

だけど結局は行かなかったのだけど、それで難しい人間関係に。

 

さっきも書いたことだけど、こういうのを ”めんどくさい男” と言うのだろうが、女性はアレコレ辛いことが多いのだ。

 

これは私の頼んだケーキ。

ワインと彼女の話に酔ってしまい、どんなケーキだったのか記憶が飛んでいる。

 

他にも何か飲んだのかも知れないが、それも覚えがない。

酔った勢いで、私が ”めんどくさい男” になっていなければいいが、記憶が定かではない。

 

これではイカンということで、ワインを諦めてコーヒーに。

飲んだ後にコーヒーというのは初めてかもだが、ここは元々が喫茶店なのでコーヒーも美味しいのだ。

コーヒーはこの店のオリジナルブレンドにした。

基本のコーヒーだが、カタカナより漢字の「珈琲」が似合う店だ。

 

洒落たカップに並々と注がれたコーヒー。

このままで飲んだ方がコーヒーの味が良く分かるだろうけど、カフェオレが好きな私のこと。

 

ミルクと砂糖をお願いしたら、マスターが「有料です」と。

もちろん冗談だが、今夜のマスターはどうした訳かノリがいい。

 

いいことでも有ったのか、それとも隣りに美女が座っているから、それでハイになっているのか。

どっちでもいいけど珍しいノリで、男は単純なのだ。

 

そんなこんなで夜も更け、お開きに。

彼女からとても楽しかったとのことで、恐悦至極。

 

珈琲&和飲「花筐」(HP)

 

気を付けてと別れたが、見送るのを忘れてしまい失礼。

 

あれこれ美味しかったし楽しい夜だった。

またお願いします。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました