新発売のサッポロ「GOLD STAR」が美味かった【自宅】

新発売のサッポロ「GOLD STAR」が美味かった【自宅】

 

何も予定のない休日、ガッツリと寝てやった。

だが予定がないとは言え、起きればやることはある。

それは窓拭き。

 

窓拭きなど家事の中でも優先順位の低いことで、やらなくても誰も困らない。

だが私にとってそれは重要なファクター。

私は窓が汚れているのが嫌いで、窓がピカピカになっていないと落ち着かないのだ。

 

窓拭きと言っても大袈裟なことではなく、ガラスを水で濡らしてワイパーで拭き取るだけ。

そうやって外側と内側をワイパーで拭くだけなのだが、これで驚くほどキレイになる。

 

で、キレイに磨いたガラス越しの、外の景色を見ながら一杯飲むのが好きなのだ。

鳥に餌を毎日やっているが、それを食べに来る鳥たちを眺めながらの一杯も楽しい。

 

ただしガラスがキレイに磨いてあるため、以前は鳥がガラスにぶつかることがあった。

が、最近はそれが無い。

鳥たちが学習したのか、あるいは鳥の誰かが ”注意喚起” しているのかだが、それはないか。

 

磨いたガラス越しの風景を見ながら一杯を飲むとは、変といえば変な趣味だが、綺麗になることだから奥殿も何も言わない。

むしろ喜んでいるから、これはこれでいいのでは。

 

そんなまったりとした休みだが、今日は奥殿がお出かけ。

奥殿の友人のライブがあると言うが、アコースティック・ギターのライブとか。

女性だけのバンドで、曲目はビートルズというから珍しい。

 

お客さんも同級生や友人だけで、しかも女性オンリーというアットホームな集まり。

女性だけで集まるのも、女性たちには楽しいことなのだろう。

 

そんな訳で私は家で ”昼から飲み” だ。

家で飲むのは気楽でいいのだが、難点はアテを自分で作らないといけないこと。

 

スーパーやコンビニで出来合いの惣菜を買ってくれば簡単だろうが、買いに行くのも面倒だし、それが美味しいとも限らない。

家なら好きなものが作れるからと、頑張って作ってみた。

 

作ったのが ”餡掛け野菜炒め”。

八宝菜とも言えるかな。

 

野菜炒めは簡単だから作ったのだが、餡を掛けると旨さが格段にアップする。

八宝菜の定義は知らないが、野菜炒めに餡をかければ八宝菜になるのでは。

 

他に作り置きの「手羽先の甘辛煮」も用意した。

この手羽先は私が作ったものだが、実は奥殿がこれにハマっていて、最近は毎週!リクエストがある。

 

鶏の手羽先を甘辛のタレで煮詰めたもので、自分で言うのもナンだけど、これが頗る美味。

甘辛の味に、唐辛子の辛味が重ね合わさって、抜群に旨いのだ。

 

他には冷蔵庫にあったものを適当に並べて、こんなセットで昼飲みの始まり。

ク~っとビールを飲めば、気分は一気に天国。

昼から飲めるのは幸せだ。

 

実は今日の主役はこのビール。

サッポロから新発売になった新ジャンルのビールだ。

 

それがこれで、サッポロの ”GOLD STAR” 。

初めて飲んだのだけど、旨い。

 

いつも飲んでいる ”麦とホップ” も旨いが、GOLD STAR の方がよりコクがあるように感じる。

やはり後から出してきただけのことはあって、旨くなっている。

 

CMではサッポロの黒ラベルの旨さと、ヱビスの技術を注ぎ込んだとあるが、新ジャンルのビールにそこまで力を入れるとは驚き。

麦とホップも併売されているようで、どう住み分けるのだろうかと心配になるが、これからはこの GOLD STAR がメインになるのだろうか。

 

サッポロ GOLD STAR

 

どちらにしても選択肢が増えて嬉しいことだ。

 

ビールも旨いが、アテの野菜炒めの餡掛け(八宝菜)もいい感じに出来ている。

暖冬のおかげで野菜も豊富に安く出回っているが、野菜自体の出来も良いのかも。

 

この冬ほど野菜をたくさん食べた年はない。

雪不足で困っている方もおられるだろうが、ありがたいことだ。

 

手羽先もビールのアテにピッタリで、止まらない。

追加でもうワンセット食べてしまったが、全く飽きない。

 

どうしてこれほど旨いのか分からないが、手羽先そのものが旨いのかも。

しかも手羽先にはコラーゲンがタップリで、美肌効果があるから女性には嬉しいのでは。

 

そんなこんなで一杯飲んでいれば、そろそろ〆に。

この日の〆はラーメンにしてみた。

寿がきやの和風とんこつラーメン。

 

生麺だが、作り方は普通のインスタントラーメンと何ら変わりない。

強いて言えば、茹で時間が2分と短いことぐらいか。

 

それとこのラーメンにはコショウが付いているのが特徴といえば特徴か。

白っぽいコショーで、ラーメン屋のコショーがこんな感じだったな。

これを振りかけると確かに美味くなるから不思議だ。

 

茹でるだけなのでアッという間に完成。

コショーもかけて、いただきます。

 

食べれば旨い。

豚骨と言ってもギトギトの豚骨ではなく、アッサリとしたとんこつ味。

それに和風というだけあって鰹だし?の効いた味で、醤油ラーメンにも通じるものを感じる。

 

ワカメも入れてみたけど、これも合う。

これにチャーシューがあれば最高だが、それがなくても美味しかった。

 

八宝菜に手羽先の甘辛煮、それに〆のラーメンと中華の雰囲気の昼飲みだったけど、美味しかった。

家なら気楽だし安上がりに飲めるけど、美人ママがいないのだけが欠点か。

尤もそれを望めば高く付くけどね。

 

今日も美味しかった。

あ、片付けもちゃんとやりましたよ。

 

ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました