熱帯魚屋のような「トミーの魚や」はいい魚屋なのだ【豊田市】

熱帯魚屋のような「トミーの魚や」はいい魚屋なのだ【豊田市】

 

豊田市の体育館(スカイホール)から消防署へ向かう道沿いに、こんな店がある。

「トミーの魚や」という店で、二週間ほど前から気付いてはいたが、青く塗られた店の外観や名前からして、熱帯魚屋かなと思っていた。

 

が、奥殿によると魚屋だと言う。

魚屋なら行ってみようかということになり、クーラーボックスに保冷剤を詰め込んで訪れてみた。

 

ここがその「トミーの魚や」。

どう?
遠目には熱帯魚屋のように見えるでしょ。

 

後からマスターに聞いて分かったことだけど、前は本当に熱帯魚屋だったと言うことで、大笑い。

道理で熱帯魚屋さんに見間違える訳だ。

 

でも中は紛うことなき魚屋の世界が広がっている。

スーパーにある鮮魚コーナーとは違って、魚市場のようなイメージ。

店の奥からは「いらっしゃ~い!」と威勢のいいかけ声も飛んでくるから、ますます市場感覚に包まれる。

 

魚はこんな感じで並べられていて、見てるだけでも楽しい。

値のことはよく分からないけど、スルメイカが一盛り500円って安いのでは。

 

今が旬の立派なカツオもある。

一本2,500円。

これならタタキにしてもタップリ食べられそうだし、揚げ物にしてもいい。

 

こちらには刺し身用の短冊が並んでいる。

サーモンやハマチに混じって高級なインドマグロもあった。

 

インドマグロの好きな奥殿が興味津々でのぞいていたが、それよりもっと魅力的なものがあった。

キスだ。

天ぷらにしたら美味いだろうな、という立派なキス。

 

久しぶりに ”本物” のキスを見たけど、値も高級で一匹 298円もする。

う~ん、キスは食べたし、値は高し。

どうしようかと迷っていたら、ニギスがあるとのこと。

 

これがそのニギスで、こちらは一盛り(7匹入っていた)250円という、うれしい庶民価格。

これに決め打ちなのだが、問題が一つある。

私も奥殿も魚が捌けないのだ。

 

こんな安っい魚を捌いて欲しいとは、とても頼めたものではない。

と、逡巡していたら、店の女の子から「捌きましょうか」と、信じられないヒトコト。

 

エッ?捌いてくれるのと思わず聞き返してしまったが、マスターに頼んであげますからとのこと。

天にも登るような気持ちで(ちと大袈裟)お願いしたのは、モチロンのことだ。

 

他になにかないかと見ていれば、サバがある(680円)。

時期的には油のノリがイマイチの時期だが、鮮度は良さそう。

しめ鯖に出来ますかと聞けば、しめ鯖OKとのことで、一本お買い上げ。

 

サバも三枚に下ろしてもらったのだが、ニギスのこともあるからマスターにお礼を言おうと板場をのぞけば、見覚えのある顔。

どこかでお会いしましたよねと聞けば、市民市場(ピカイチ)の鮮魚にいて、今月独立したばかりとか。

それで「おめでとうございます」とお祝いを言えば、これからもよろしくお願いしますと、丁寧に頭を下げられてしまい、恐縮。

 

若いけど親切で威勢もいい ”魚屋さん” と言った風情のマスター。

これからもガンバって、美味しい魚を届けて頂きたいものだ。

 

他にもアレコレ並んでいるから、魚好きにはたまらない店なのでは。

パック入りの魚では満足出来ない人にも、ここならいいと思う。

 

店の営業時間などはこの通り。

朝8時から営業しているとは、魚屋さんならでは。

それに加えて、その時間から魚を買いにくる人がいるのも驚きだが、もしかすると業者さんか。

 

なお店の前の駐車スペースは狭いし、出にくい。

横にある砂利の駐車場のほうが楽に停められるが、数は限られているのご注意を。

 

いい魚屋さんが出来て、嬉しい。

これからも寄らせてもらいます。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました