エビフライといなり寿司で三日遅れの新年会

エビフライといなり寿司で三日遅れの新年会

 

正月三が日が過ぎてから、息子家族がやってきた。

息子の会社は盆も正月も仕事という職種で、むしろ年末年始は忙しい。

それに(滅多にないことだけど)何か突発的な事が起これば、夜中でも会社に駆けつけなければならないと言う。

 

そんな会社なので休みも正月が明けてからになり、家にやってきたのがこの日ということに。

おせち料理はもうないので、そのことを息子にメールすれば、全然構わないとのこと。

今は普段の食事がいいから、おせち料理がご馳走にも思えないのだろう。

 

ということで、この日は海老フライにしてみた。

ビッグサイズのエビフライで、これだけでお腹が膨れそうなほどのボリュームがある。

 

それにいなり寿司を添えてある。

お正月なのでお餅の出番だが、どうした訳か息子は小さい時からお餅が嫌いで、ほとんど食べない。

それで稲荷寿司に。

 

結果、いつもの晩ご飯のようなセットになってしまったが、家族なのでまぁいいか。

こんなセットだけど、食べることが目的ではなく、話すことがメインだからネ。

 

何はなくとも先ずはカンパイ。

グイっと飲めば一気に話に花が咲く。

新型コロナのため会うのが一年ぶりなので、いいことも悪いことも含めて話が尽きない。

 

ジャンボなサイズのエビフライもいい感じだけど、残念なことにパン粉の花が咲いていない。

それでも息子たちからは美味しいとのこと。

このエビフライは冷凍モノを揚げたものだけど、確かに家で味わうエビフライとしては立派で、冷凍モノとしては上等な部類になると思う。

 

これ以上のエビフライを味わいたければ、プロの店に行くしかないが、大手チェーン店系のレストランだと、冷凍のエビフライを使っているから同じこと。

それどころか、このエビフライの方が美味しい可能性も十分にある。

それを思えば家で食べるほうが気楽だし、それに美味しいはずで、店へ行く気にならない。

 

年季の入ったコックさんのいるような、プロフェッショナルな洋食屋さんならいいけど、そういう店を豊田市内で見たことがない。

私が知らないだけかもだけど、エビフライやビーフシチューなどが旨い、”本物” の洋食屋さんが無いのだ。

 

この日は孫1号も来ているので、画像はそちらが中心になってしまい、ここに載せるような画像がもうない。

ということで、この記事もこのあたりでオシマイということで。

 

この日は、エビフライといなり寿司での ”新年会” の一杯が美味しかった。

ごちそう様でした。

 

お手数ですがクリック⬇⬇してやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました