酒豪女子との夜は、寿司とお酒で更けていく

酒豪女子との夜は、寿司とお酒で更けていく

 

の日の夜は、酒豪女子との一杯会。

彼女とはコロナ前に会ったきりで、もう5~6年会っていない。

(スイマセン、4年前にも会っていました)

 

そんな彼女とバッタリと出会ったのは、1ヶ月ほど前のこと。

ATMのボックスに入ろうとしたら先客があり、出てきたのが彼女だったのだ。

 

私の後ろにも並んでいる人がいたので「久しぶりだね、また飲みに行こうか」と、短い言葉を交わしただけ。

それから数週間後、彼女から「〇日の夜なら空いてます」とメールが届いた。

 

挨拶代わりの言葉を、彼女はちゃんと覚えていてくれたのだ。

そしてそこには、忙しくてなかなか日が取れずゴメンネと。

5年も6年も会っておらず、しかも挨拶程度の軽いお誘いなのに、彼女は気にしていてくれたのだ。

 

そんな彼女の気持ちを無にすることは許されないことで、その日は何があっても出かけるぞと決意を固めていた。

って、そこまで悲壮感を漂わせる話ではなく、ウキウキと待ち合わせの店へ出かけた。

 


 

かった先は豊田市駅近くの「すし8」。

彼女に和洋中の三択で選んでもらったら、「すし8」がいいとのことでここにしたもの。

 

上の画像は入店直後に撮ったので空いているが、この日は予約で満席。

予約なしのお客さんも多く来店して断られていたのを見ると、コロナ前以上の状態に戻った感じだ。

 

彼女もまもなく到着し、まずはビールで乾杯。

久しぶりの彼女は相変わらず可愛らしく、もしかして若返っているのではと思うほど。

 

酒豪女子の彼女は、名古屋を中心に活動しているお笑い芸人、アホロートルの 安田遥香やすだはるか さんに似ている。


Axolotl yasuda Insta

彼女も安田さんと同じショートヘアなので、余計に似ている。

因みに安田さんは名古屋大学卒という才媛で、芸人とは思えない学歴の持ち主だ。

 

それはそうと、彼女と何から話していいか分からない

前に会ったのが5年も6年も前のことで空白期間が長く、話の ”続き” がないのだ。

 

いきなり最近の話をしても通じないだろうし、かといって古い話も記憶にない。

なのでこの5~6年の間に何か変わったことがある?と聞いてみた。

 

そしたら彼女のお父さんが亡くなったと。

彼女のお父さんとお母さんは2人暮らしで、お父さんが亡くなり、そしてお母さんも胸骨の圧迫骨折を起こし、買い物や家事に不便しているとのこと。

 

時折実家へ帰って家の手伝いをしているとかで、それで私と飲むタイミングがなかったというのだ。

今日も飲んでから実家へ行くというので、そんなに遅くなって大丈夫かと聞けば、大丈夫とのこと。

 

お母さんはツエを突きながらではあるが、身の回りのことは自分ででき、それほど切羽詰まった状況ではないという。

お母さんには今夜は遅くなると伝えてあるから、大丈夫とのことだ。

 

そんなことから話が始まり、私が大病し2度の手術をしたとかの話しをすれば、とてもそんな風には見えないという。

確かに飲むし食べるしで、病気をしたなんて思えないだろうし、自分でも病気したことを忘れている。

だけど話題が病気とか亡くなった人の話ばっかりでは、明るい話にならない。

 

ということで話題をイマドキの恋愛事情とか、恋バナに変更。

これがメッチャ面白い話だったけど、ここにはとても書けない話なので、以下省略。

 


 

し屋に来たのだから、頼むものは当然のように寿司。

あれこれ頼むのも面倒で、上握りでいってみた。

これが何だったか、彼女の恋バナが面白くて全く記憶がない。

 

情けないことにこれも記憶がない。

それぐらい話が盛り上がっていたのだ。

 

サーモンかな。

何を食べたかはよく覚えていないけど、彼女からは美味しいとのこと。

 

そしてビール2回転の後、お酒にチェンジ。

お酒は福井の「黒龍」。

 

だけど画像は撮り忘れ。

美味しい料理を美女と味わっていれば、カメラのことなど飛んでしまうよね。

 

これは見ればイカだと分かる。

ただし何イカかは覚えていない。

多分ケンサキイカだと思うけど、自信はない。

 

ブリかな。

何を食べていたのか覚えがないというのもナンだけど、楽しい時間ということは確かだ。

 

お酒も2本目。

ラベルに福正宗と書いてあるが、味は忘れてしまった。

ついでにポテサラも食べている。

 

これは彼女リクエストの肉ウニ。

軽く炙った薄切りの牛肉に、ウニを巻いて食べるという贅沢な一品。

これが飛び切り美味しかった。

 

ということでお酒3本目の乾杯。

さすが酒豪女子で、お酒に強いし好きだ。

 

これはエビマヨ。

私の好物の一つで、メニューにないけど作ってもらった。

太くがっつりとしたエビに、濃厚なマヨネーズソースがかけられて美味しい。

 

ホタテのウニ焼き。

これもメッチャ美味しい。

他にも何か食べたし飲んだけど、画像もないし記憶も曖昧なので、この店のことはここまでで。

 


 

れで済む訳がないのが、彼女の強いところ。

2軒目はこんな店へ。

ホントは違う店へ行くつもりだったけど、この日はどこの店もよく繁盛していて満席。

たどり着いたのがここプロントで、軽いタッチの店だ。

 

ここもほぼ満席で、かろうじて席が空いていて座れた。

ここで終電間近まで飲んでいたけど、画像は1枚も無し。

画像がないと話も書きにくいので、これで終了。

 


 

女からはとても楽しかったし美味しかったとのことで、ご同慶の至り。

来月も飲みましょうかとのこと。

 

彼女に次は小料理屋か海鮮の店でどうと言えば、「行く」とのこと。

そして今度は私(彼女のこと)が払いますから、とも言う。

彼女は高給取りだけど、女性に飲み代を払わせるのがどうもね。

 

こういう場面では、痩せ我慢してでも払うのが男のプライド。

彼女にはそんな気遣いは要らないと言ったけど、そんな気遣いができるのが彼女の優しところかと。

 

久しぶりの酒豪女子との飲み会で、ごちそう様でした。

美味しくて楽しくて、そして面白かった~。

 

ブログ村のランキングに参加してます⬇


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村