家事に勤しむ ”出来たダンナ” は海老マヨで一杯【自宅】

家事に勤しむ ”出来たダンナ” は海老マヨで一杯【自宅】

 

休日は家のことを構うことが多い。

この日は外壁のコーキング(壁のつなぎ目のシール)が剥がれてしまったので、補修することに。

 

一部のコーキングの補修だけなので、プロに頼むほどのこともないだろうとDIYでやるのだが、やったことがない。

だが今は便利な世の中で、ネットで調べればやり方はいくらでも出てくるし、動画でも説明してくれるからなんとか自力でやってみることにした。

 

ネットに書いてある通りに必要なものをホームセンターで揃え、イザ開始。

やり始めたことはいいが、途中でコーキング材が足りなくなってしまい、再びホームセンターへ買いに走ると言うオマケ付きだったが、見よう見真似で何とか出来た。

 

画像を撮っておけば良かったのだが、集中していたので画像はなし。

それにド素人の作業なので、画像があったとしても参考にはならないだろうからね。

 

こんな頑張ってしまった日は、早目にシャワーを浴びて一杯飲むのが楽しみ。

この日に用意されていたのはブラックタイガーで、奥殿の希望で海老マヨを作ることになった。

休みの日は家の仕事に加えて料理までやってしまうという、”出来たダンナ” だ。

 

チャチャッと下ごしらえを済ませて海老を焼き、マヨネーズソースで絡めればイッチョ上がり。

簡単に出来るけど、これが美味しいのだ。

 

海老マヨの他は奥殿が用意してくれたもので、さっそくビールで一杯だ。

グビッと飲めば、これが旨い。

体を使った作業の後で、しかもシャワーを浴びてサッパリしてからなので余計に美味しい。

 

海老マヨの他に用意されているのは冷たい料理ばかりだが、汗ばむぐらいの気温なので丁度いい。

温泉玉子もいい感じにできているし、添えられた大根おろしの辛味もよく効いて、美味しい。

 

それとヒジキの煮物。

小さい頃は嫌いだったけど、今は好きなものの一つになっている。

昔は短いヒジキを使った料理だったけど、これは長ヒジキで、味付けも遥かに進化して美味しくなっているのだ。

 

こんな料理にはお酒が合うということで、お酒にチェンジ。

今日は獺祭(だっさい)。

 

知らなかったけど、いつもの獺祭50(精米歩合が50%の意)が、45に変わっていた。

同時に値段も少し上がったようだが、元々そんなに高いお酒ではないから、気になるほどのこともない。

 

それより味だけど、まろやかさが増した気がするが、飲み比べてみなければ分からない程度か。

尤もそれは私の感度が低いためかもだが、いつもの獺祭らしい吟醸系のお酒で、変わらず美味しいのは素晴らしい。

 

話が前後して恐縮だが、今日の海老マヨはソースが薄い感じで、いつもより味が落ちる。

海老マヨのソースは、マヨネーズをベースにスイートチリソースやケチャップを混ぜ、そこに白ワインを加えて作るのだけど、量は目分量。

 

適当と言えば適当なのだが、今日はワインを入れ過ぎてしまったのだ。

マヨネーズを追加してコッテリ感を出せばよかったのだろうが、ソースが余ってしまうのがイヤでそのままで使ったのだが、やはり薄い感じだった。

 

人間だからマチガイもするから、たまにはこういうこともあるさ。

それでも普通に美味しかったから、これはこれでいいのでは、と言うのは開き直りか。

 

来週は庭木の剪定と、庭に敷いていあるテラコッタ磨きという大物の掃除が待っている。

来週も頑張らないとね。

クドいようだが、休みもよく働く ”出来たダンナ” だ。

 

美味しかった、ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました