KINCHOの「それを言ったら終わりの会」にハマっている【その他】

KINCHOの「それを言ったら終わりの会」にハマっている【その他】

 

いま「キンチョー」にハマっている。

と言ってもキンチョールをやたらとスプレーするでもなく、金鳥の蚊取り線香をコレでもかと点けているのでもない。

凝っているものとは「KINCHO」のラジオ・コマーシャルのことだ。

 

ラジオCMには二種類あり「それを言ったら終わりの会」シリーズと、「G作家の小部屋」シリーズ。

どちらも面白いが、内容・雰囲気などは全く異なる。

 

「それを言ったら終わりの会」シリーズは、小学校の「帰りの会」みたいな設定で、そうそう小学生の頃ってこんな感じだったな、と懐かしくさえ思う。

 

何はともあれ、先ずはどうぞ。

それを言ったら終わりの会

 

どうです?

コマーシャルではあるけど、なんか面白い。

”蚊がいなくなるスプレー” の「いなくなるスプレー」と言いながらスプレーをシュッとマネするなんて面白過ぎだけど、子供の頃ってこんなようなこと、よくやったな。

 

奥殿に聞かせたらコレが大受け。

大笑いしたついでに LINE で流したと言うから、相当に面白かったようだ。

あ、私は KINCHO のステマではありません、念の為。

 

対する「G作家の小部屋」シリーズは、グッと大人の雰囲気。

G作家の小部屋

 

いかがでしょう、思わずニヤッとしてしまいそうな話で、ブラックで大人のユーモアも感じる。

それに何処か知的な含蓄やペーソスもあって、作家の ”Gさん”、なかなかやるじゃないかと。

 

さてこんなことにカマケている私ですが、実はいま入院中。

今年の春先に入院した続きで、その最終的な治療のため。

 

入院期間は10日間の予定で、初めの5日間は絶飲絶食!

絶食はまだしも、この夏の時期に5日間の絶飲はどうなることかとビビっていたけど、24時間の輸液点滴を続けていたせいか、喉の乾きは全く感じなかった。

ただし唇は荒れ気味になってしまったが。

 

現在は流動食のような食事も始まっているが、ドクターによれば経過は極めて順調で、すぐに一般食に戻れるとのこと。

 

春先の入院と今回の入院でこの治療も終了。

病気が見つかってからだと10ヶ月かかったが、その間も寿司だ天ぷらだと食べまくっていたから ”不謹慎” な患者だったかも。

 

ドクターにそのことを話せば「食べることは重要だし、生きていく上での楽しみでもあるからいいですよ」とのこと。

確かに食べられるというのはありがたいことで、例えそれが漬物とご飯であっても素晴らしいことなのだ。

 

この10ヶ月間、ツーリングにも出かけられず豊田市内からは一歩も出ないという ”半引きこもり状態” だったが、これで無罪放免。

早速どこかへブッ飛んでいきたいところだ。

その前に10ヶ月も放ってあったから、車のバッテリーは空っぽのはず。

先ずはバッテリーを替えてやらないとね。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました