力が入った日本 vs スコットランド戦の80分間【RWC】

力が入った日本 vs スコットランド戦の80分間【RWC】

 

ラグビーのワールドカップ 2019。

悲願の日本のベスト8入りを目指しての、対スコットランド戦。

 

見応えと迫力のある熱戦で、結果は 28:21 で日本の勝利。

テレビでの観戦ではあるけど、見ているだけで力が入ってしまった。

 

ノーサイドの瞬間には熱いものがこみ上げてくるほどだったが、それほど力のこもった熱戦。

ラグビーって泥臭いイメージしかなかったけど、こんなに感動的なものとは。

何れにしても決勝トーナメントに日本が進めて、ご同慶の至り。

 

試合は夜なので、キックオフの前から飲んで気分を高めていた。

って、ラグビーがあるから飲んでいるのではなく、いつも飲んでいるけどね。

 

この日のアテはカニのクリームコロッケ。

カニのクリームコロッケは難易度が高く、それに手間もかかる料理なので、奥殿も敬遠して作らない。

第一、カニなんて高級品は家には無いから、作るとなるとカニ(カニ缶)を買ってこなければならないが、カニは高いからおいそれとは買えない。

 

なのでいつも冷凍物を使っているが、これがなかなかどうして、侮れない美味しさ。

しかも170℃の油で6~7分ほど揚げるだけという簡単なもので、私でも作れてしまう。

これで美味しいカニのクリームコロッケが出来てしまうのだから、嬉しいね。

 

画像では大きさは伝わりにくいが、大きなコロッケで重量もある。

二つも食べればお腹が膨れてしまうと言えば、その大きさが伝わるだろうか。

 

170℃という少し低めの油で6~7分揚げよとあるのも、このサイズのためで、中まで火が通りにくいからだ。

指示通りに揚げれば中まで熱々に仕上がり、餡のポテトも甘く感じられる。

美味しいカニのクリームコロッケなのだ。

 

惣菜として売っているコロッケとは、ひと味もふた味も違う旨さ。

それと揚げたてが食べられるというのも嬉しいところだ。

 

これは手羽先の甘辛煮。

作り置きの料理で、作ってから数日経つが、味が染みて美味しい。

 

手羽先は鶏の部位の中でも安い方だと思うけど、旨味は一番ある部位なのでは。

キムチの素を使ってピリ辛に仕上げてあるのもいい感じで、ビールのアテにはピッタリ。

 

こんな感じで一杯飲んでいれば、いよいよ試合開始のキックオフ。

試合が始まれば飲んでいるどころではない。

 

息をつかせぬ展開で、テレビに釘付け。

飲んでいる暇もない。

 

松島も福岡も、そして ”笑わない” 稲垣もトライして大盛りあがり。

メッチャ盛り上がる。

 

稲垣選手は「土佐犬のブリーダー」とも言われているらしいが、フォワードとしてはこれぐらいの迫力がないとネ。

フォワードはスクラムを組む前から ”迫力勝ち” するぐらいで丁度いいのだ。

 

福岡選手の2トライもあって 28:21 で勝ったけど、最後までドキドキの連続。

難敵スコットランドを破って、これで史上初のベスト8。

夢の決勝トーナメントに進出だ。

 

試合が終わっても横浜スタジアムは大盛りあがり(CSのJ SPORTSで見ているが、J SPORTSは試合が終わっても中継し続けていた)で、選手もスタンドのファンと一体になって喜びを爆発させている。

それに試合の解説者(元・日本代表選手)も解説をホッポってグランドに降りてしまい、選手と抱き合って喜んでいる。

 

普通なら考えられないことだけど、感極まったということか。

中継のアナウンサーも、その解説者に向かって「泣いてない?」と振っていたぐらいだから、許されていたことなのだろう。

 

それにしてもあれだけガンガン当たってもラガーマンたちは痛がらないけど、サッカーだとちょっと接触しただけでもぶっ倒れるほどのオーバーアクションで痛がるのは、どうして?

 

ラグビーって素晴らしいネ。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました