シコシコの麺が旨いマルちゃんの「カレーうどん」【職場】

シコシコの麺が旨いマルちゃんの「カレーうどん」【職場】

 

職場(事務所)で昼ごはんを作ると言えば、インスタント ラーメンの一択。

道具が何もない(まな板すらない)から、インスタント ラーメンしか出来ないとも言えるが、それでもたまには違うものにしてみたい。

 

ということで用意してくれたのは ”カレー煮込みうどん”。

ラーメンと大差ないではないか、と言われそうだが、ラーメンとうどんでは全く違う。

 

食べに行ったとして、ラーメンならラーメン店へ行くし、うどんはうどん屋へ行くことからも、この二つは全く別の食べ物なのだ。

尤も、同じインスタントの麺類だと言われればその通りだが。

 

このカレーうどんはマルちゃん(東洋水産)の製品で、生麺。

初めて食べる(作る)ものだが、果たしてどんな味のカレーうどんなのか。

さっそく作ってみた。

 

作り方は普通のインスタントラーメンと似たようなものだが、鍋にスープの素を入れて煮込むから、水の量だけはキッチリ計らないとイケナイ。

この辺りはスガキヤの味噌煮込みうどんと同じ要領。

 

水450 cc を正確に計る。

目分量ではダメなのだ。

 

以前、味噌煮込みうどんを作った時、水を目分量で入れたらしゃびしゃびの薄味に仕上がってしまい、思いっきり不味かったことがある。

スープを鍋に入れて煮込むから、水の量には気を付けないと後悔することになる。

 

麺はこんな感じで、美味しそうな麺の雰囲気がある。

麺を持った感覚で言えば、シッカリとした感じなのだ。

 

袋にはおすすめの具材として鶏肉などが書かれているが、ここでは何も用意できない。

さっきも書いたが、まな板すら無いから素のカレーうどんになってしまう。

卵ならあるから卵を入れてみるが、カレーうどんに卵って合うのかな?

 

2~3分茹でたらスープを入れ、更に2~3分煮込めば出来上がり。

卵も入れたけど、沈んでしまって見えない。

 

器に盛って、いただきます。

食べれば麺がしっかりしていて、シコシコと腰のある麺。

カレー煮込みうどんではあるが、味噌煮込みうどんの固麺のような感じで、旨い。

 

スープはカレーの風味たっぷりで美味しいが、もう少しトロミが欲しいところ。

それとスパイシーさももっと欲しいところだが、これは個人差があるかも。

 

万人に受ける味を狙うとすれば、スパイシー感もこの程度までか。

とは言え、インスタントでここまで出来れば上出来の味で、これはこれで美味しい。

心配して入れた卵も、全く違和感なく味わえた。

 

これで一袋(二食入り)200円ぐらいだったというから、一食100円で済んでしまう。

栄養面とか塩分量とか言われれば決してオススメではないかも知れないが、事務所で手軽に昼を済ませるという点では、これで十分。

しかも安く済むしネ。

 

初めて作ったマルちゃんのカレー煮込みうどん(生麺)は、意外なほどに美味しかった。

これで鶏肉などがあればもっと美味しいだろうけどね。

ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました