ホイホイとエビマヨを作ってしまうのは男の性か?【自宅】

ホイホイとエビマヨを作ってしまうのは男の性か?【自宅】

 

奥殿がエビを買ってきた。

多分エビマヨが食べたいからだろうが、聞けばやはりエビマヨが食べたいとのこと。

 

それは別に構わないが、エビマヨは私の担当。

いつの間にかエビマヨは私が作ることになっているが、それは私が作った方が美味しいというのが理由。

 

私もエビマヨが好きだからいいが、作るのが面倒といえば面倒。

だけどついつい作ってしまうのは、褒められばホイホイと乗ってしまう男の性か。

 

それはともかく、買ってきてくれたエビがこれ。

大振りなサイズのブラックタイガーで、立派なエビだ。

 

このエビの殻を外して背開きにするのが一番面倒なところ。

手がベタベタになるので画像はないが、ガンバる。

 

エビマヨのキモはそのソースだが、私の作り方はマヨネーズとスイートチリソースを混ぜるだけという簡単なもの。

これで美味しいエビマヨのソースが出来てしまうのだ。

 

混ぜる量は適当。

感覚的にマヨネーズが 2 に、チリソースが 1 ぐらいか。

 

そのままだとコテコテの感じなるので白ワインで伸ばしているが、ワインは入れ過ぎるとシャビシャビなってしまうので注意が必要。

ワインはスプーンで1~2杯で十分なので、ホンのちょっとのことだ。

 

以前はエビに小麦粉を振って焼いていたけど、今は天ぷら粉で揚げている。

天ぷら粉はスケールを使ってきっちりと計る。

天ぷら粉と水の加減が勘でできないので、ハカリで計っているのだ。

プロは目見当で出来てしまうだろうが、私ではムリ。

 

ここまで出来ればあとは揚げるだけ。

170℃の油で揚げればバッチリだ。

 

油の温度はコンロ任せ。

この機能があるから、天ぷらの経験が殆どない私でも上手く揚げることができる。

技術の進歩のお陰だね。

 

エビが揚がったので、ついでにカニクリームコロッケも揚げる。

冷凍物のコロッケなので、揚げるだけのこと。

 

出来上がったのがこちら。

パン粉が立っていて美味しそう。

 

エビマヨも出来ている。

たっぷりのマヨネーズソーズに絡めてあるから、美味しいと思う。

 

こんなセットでカンパイだ。

自画自賛で恐縮だけど、飲むにはいい感じではないかと。

 

エビマヨやコロッケなどの揚げ物系には、やっぱりビールだよね。

クーッ、ビールが旨い!

ビールではなく新ジャンルの麦とホップだけど、これで十分に旨い。

 

甘じょっぱいエビマヨとビールの相性が良過ぎるぐらいで、ビールが止まらない。

イカン、このままでは飲み過ぎてしまうが、それぐらい旨いということ。

 

エビマヨが食べたいと言っていた奥殿からも、すごく美味しいとのことでご同慶の至り。

この言葉に釣られてまた次回も作ってしまうのだろうが、まぁいいか。

 

大振りなエビだったので食べ応えも十分。

エビマヨとコロッケを堪能したあとは、ご飯だ。

 

この日はとろろご飯にしてみた。

長芋をすりおろしてだし醤油で味付けただけだが、これが美味しい。

 

ご飯にかければ長芋とご飯が調和して、共鳴するように旨さが増幅される。

音楽で言えば ”和音” のように響く旨さ。

 

白いご飯ととろががこんなに合うとは、驚くほど。

と言うか、ご飯はどんな料理にも合う魔法のような存在なのかもだ。

 

味噌汁も美味しい。

揚げ玉(天かす)が入れてあるから、余計に美味しい。

 

私が麹味噌が好きなので、家ではほとんど白い味噌汁。

三河の赤味噌だと塩辛く感じてしまうからだが、三河に住んでいながら郷土愛が足りない?

 

自分で作っておいてナンだけど、美味しい晩ご飯だった。

ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました