ちょっと上質な「欒らん」は大人の雰囲気の小料理屋【豊田市】

ちょっと上質な「欒らん」は大人の雰囲気の小料理屋【豊田市】

 

某小料理屋のママとの飲み会も、一軒目の居酒屋「いまい」から二軒目へ。

一軒目も悪い店ではなかったが、中年のおじさん達(私もだが)が気楽に飲む感じの店で、ママが行きたかった ”ちょっと上質な店” とは違っていたようだ。

 

豊田にはママが思い描くような上質な飲み屋が少なく、二軒目で行く店に悩む。

チェーン店系の店は多いけど、ママの思いとはかけ離れた存在だから除外。

 

二軒目に何処へ行こうかと思案していて、ふと浮かんだのが「欒 らん」。

ちょっと前に行った店で、雰囲気が良かったので「欒」に行くことにしたが、果たしてママの好みに合うだろうか。

 

店は桜城址公園の北側にある。

と言うより、豊田信金の本店近くと言った方が分かりやすいか。

 

上の画像の右側に写っている店は別の居酒屋で、「欒」とは無関係。

店はこの二階にある。

 

「欒」の板さんは女性。

しかもご覧の通りの美女。

 

さっそく同行のママから「美女がいるから〇〇くんが来るのね」と言われたが、そうではない。

寄った店の板さんが、たまたま女性だっただけのこと、と言っても信じてもらえないのが嘆かわしい。

 

それはそうと、この店には美味しそうなお酒が用意されている。

どれも飲んだことはあるが、先ずは「赤武」からいってみた。

 

岩手県のお酒で、フルーティーな味わいを醸している

ラベルは赤武者のゴツイ感じだが、飲み味は優しく、女性に好まれそう。

 

これを頼んだら、店のママから「私が今一番好きなお酒で、頼んでくれたことが嬉しい」と。

そんなことを言われると、店のママと周波数が同調したような気がして、こちらも嬉しくなる。

ここのママとも飲んでみたいものだが、そんなことを言うから、同行のママに「あーだこーだ」と言われるのだ。

 

突き出しに何か出されたが、画像もないし記憶もない。

二軒目ということで、突き出しのことを忘れてしまった。

 

メニューには美味しそうで気の利いたものが並んでいる。

海のもの、山のもの、そして野のものと多種あって、どれもお酒のアテとして美味しそう。

実際、全部食べてみたいものばかりで、選ぶのに困るほどだ。

 

同行のママから「〇〇くんの好きなものがある」と言って、頼んでくれたのがこれ。

銀鱈を焼いたもので、西京味噌焼きかと思ったら「幽庵焼き」とか。

 

幽庵焼きというのは初めて聞く料理だけど、みりんに醤油、酒で味付けして焼いたものらしい。

甘じょっぱい味に油の乗った銀鱈がマッチして、とても美味しい。

 

こんな美味しいアテが出されれば、ますますお酒が進んでしまう。

それにしても私の好きそうな料理を頼んでくれるとは、気が利くママだ。

 

銀鱈の濃厚な味を味わった後は、さっぱり系でということで、目の前の大皿にある「ほうれん草のお浸し」を頼んでみた。

いま改めてメニューの文字を見てみると、なかなか味のある文字ではないか。

 

店のママが書いたのだと思うけど、こんな風にはなかなか書けない。

字の下手な私からすれば羨ましいほど綺麗な文字で、知能指数さえも高く見える。

 

大皿料理なので ”秒速” でサーブされた。

家で出されるほうれん草のお浸しとは、見た目からして違う。

 

手が込んでいるというか、ちゃんと料理になっているあたりはさすがプロ。

味も深い味わいで美味しく、お酒のアテとしてもピッタリだ。

 

ママに ”隠してる” お酒はないと聞けば、ニコッとして「あります」とのこと。

冷蔵庫の中から出してくれたお酒がコレ。

秋田のお酒で、ラベルからしてキレイそうな味が想像できる。

 

飲めば想像した通りの吟醸香漂う美味しいお酒。

色白の秋田美人を彷彿とさせる爽やか感もあって、いいお酒だ。

 

たまらず頼んだのが鮪の刺身。

店のママから「中トロと赤身とどちらにされますか」と聞かれたが、両方食べたいとワガママを言ってしまった。

 

それに応えて相盛りにしてくれたのがこちら。

これが美味しいマグロで、スーパーのマグロとは全く別次元の旨味がある。

 

中トロはもちろん美味しいが、赤身が抜群に美味しい。

どっしりとした深い味わいの赤身で、おそらくインドマグロだと思うが、旨い。

 

こんな美味しいマグロが出されれば、お酒もより引き立つ。

鮪の刺身には日本酒が一番合うし、他のお酒ではここまでしっとりとは合わない。

日本酒の持つパフォーマンスが、一番表現される瞬間だ。

 

他にも何か飲んだ記憶があるが、何を飲んだか忘れてしまったし画像もない。

この日は早い時間から飲み始めたので、酔っていたかも。

 

気が付けば先客はもちろん、我々より後から入ったお客さんたちも帰ってしまったから、長居している。

一番気分のいいところで帰るのが上等と、ここらでお開きにした。

 

欒 RAN  (HOT PEPPER)

 

料理もお酒も美味しく、そしてスタッフもいい雰囲気の「欒」。

ちょっと上質な ”大人の居酒屋” といった風情で、いい店だ。

同行のママも「いい店ね」と言っていたから、この店にして良かった。

 

美味しかった、ごちそう様でした。

また寄ります。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました