里山の風景をアートにしてしまった「鍵屋珈琲」【岐阜県 土岐市】

里山の風景をアートにしてしまった「鍵屋珈琲」【岐阜県 土岐市】

 

土岐市の日本料理屋「あん堂」で食事をしたあと、コーヒーをということで喫茶店へ向かった。

実は初めから行きたい喫茶店があったのだが、サプライズにしておこうと黙っていたのだ。

 

行こうと思っていた喫茶店は「鍵屋珈琲」。

土岐市という田舎(失礼)の風景を ”魅せる” 景色にしてしまった、大人のセンスの店だ。

 

先ずこの画像をご覧いただきたい。

店のカウンター越しの窓に外の風景が広がるが、見えているのは田んぼと雑木林。

それが一枚の絵のように広がっているのだ。

 

外が明るく中が暗いというカメラにとっては厳しいシチュエーションなので、キレイに写っていないが、実際は素晴らしい景色が広がっている。

 

今は田んぼも刈り取られて何もないし、雑木林も冬枯れで寂しいが、春夏秋冬それぞれの表情を見せてくれる。

春は田んぼに水が張られ、植えられた稲が青々としているし、秋はその稲が黄金色に輝き風に揺らぐ。

そこに鳥たちも飛んできて、目を楽しませてくれるのだ。

 

店は古民家風に建ててあるが、新しい。

周りの景観に合わせてデザインされているのだろうが、オーナーの趣味かもしれない。

 

店内にも古材が使われていて、デザインが統一されている。

建築には詳しくないが、梁に使われているのは ”手斧(ちょうな)削り” の材。

 

手斧削りとは鉋(かんな)が無い時代の材木の削り方で、斧のような道具で削ったもの。

そのため表面に凸凹の削り跡が付くが、それが独特の美しさを見せる。

白壁に手斧削りの梁がマッチして、心が落ち着く空間を作っている。

 

ここはコーヒーしか無いが、喫茶店だから当たり前か。

私は鍵屋ブレンドにしたが、他の方はそれぞれ好みのブランドのコーヒーを頼んでいた。

 

コーヒーはよく分からない私なので、大抵は店の名前が付いたものを頼むことにしている。

更に言えば、自分がどんなコーヒーが好みなのかさえ分からないのだから、情けない。

 

オーダーを取りに来たのはこの店のママで、南 果歩に似たチャーミングで綺麗な人。

写りが悪いが、右の人がママ。

ここへ来るのは数年ぶりで、ママに会うのも数年ぶりだが、以前より若返っているし確実にキレイになっている。

そのことを伝えると少女のように照れていたが、歳を重ねて美しくなるのは素晴らしい。

 

私はコーヒーに砂糖もフレッシュも使う。

これは砂糖だが、お洒落な包にくるまれていてお菓子かと思った。

美味しいコーヒーに砂糖は邪道かもだが、まぁいいか。

 

こちらがコーヒーのアテ。

右にあるのはイチジクの干したもので、ママのお手製。

味のあるドライフルーツで、お土産に買わせてもらった。

 

コーヒーが運ばれてきた。

上品なカップに注がれたコーヒー。

酸味も渋みもなく、マイルドな味そのもので美味しいの一言。

 

静かに流れるJAZZを聞きながら、美味しいコーヒーを味わう。

目を外に向ければ里山の風景が絵画のように広がり、心が洗われる至福のひと時。

 

この癒しの雰囲気は何処から来るのだろうか。

一時間でもボーッとしていたくなる。

 

一緒の皆さんも心から寛いでいるようで、リラックス。

土岐にはいい店が多いが、ホントに不思議な街だ。

 

鍵屋珈琲 (食べログ)

 

場所はとても分かり難く、カーナビによっては表示されないことも。

乗せていってもらった車の車載ナビも表示されず、スマホのナビゲーションでたどり着いたから、行かれる場合はお気を付けて。

それと子供(小学生以下)は入店不可なので、ご注意願いたい。

 

 

鍵屋珈琲、久しぶりに訪ねたが、やはいいい店だった。

また寄ります。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました