初詣にも行かずに飲んでいるのは後ろめたいもの【自宅】

初詣にも行かずに飲んでいるのは後ろめたいもの【自宅】

 

静岡・森町にある小國神社へ初詣に出かけたのだが、大渋滞にビビって帰ってきてしまったのは前の記事に書いた通り。

 

初詣なら地元の氏神様に行けばいいものを、後回しにして一杯飲むことに。

初詣はいつまでにと言う決まりもないだろうから(あるかもだが)、また改めて行くことにしたのだ。

 

その理由は「腹が減った」から。

時間は12時過ぎだが、朝ご飯を食べずに出かけたので腹ペコなのだ。

 

簡単に出来るものということで、鴨ロースの燻製と牡蠣のオイスターソース焼きにしてみた。

鴨の燻製は切るだけだし、牡蠣も焼くだけだから簡単なのだ。

 

ちゃちゃっと切って盛ったのは鴨ロースの燻製。

上等なハムのような味わいで美味しいのだ。

 

こちらは牡蠣のオイスターソース焼き。

使っている牡蠣は冷凍モノではあるが、2Lという大粒なサイズの牡蠣で、牡蠣そのものが旨い。

 

味付けはオイスターソースだけだが、オイスターソースのことを日本語で ”牡蠣油” と書く通り、原材料は牡蠣。

牡蠣に牡蠣で作ったソースで味付けるのだから、相性がいいのは当然のことだし美味しいのだ。

 

他には温奴の餡かけもやってみた。

豆腐が余り気味なので、温奴にしたもの。

 

他にはお節料理の残りも盛って、さっそく一杯とした。

今日は日本酒でいってみたが寒くなるとビールが進まないし、それにこの料理にはビールよりも日本酒が合いそうだからだ。

一杯飲めばやはり美味しい。

 

ビールとか焼酎オンリーという方もおられるだろうが、料理とお酒には相性がある。

脂っぽいステーキやフライ物にはビールがいいが、刺身などの和食には日本酒が合うし、濃厚なチーズにはワインがピッタリで、料理にはそれに合うお酒があると思う。

 

とは言うものの、お酒は嗜好品なのだから好きなものを飲めばいいのであって、私がとやかく言うことではないが。

 

この日のお酒は「黒龍」の大吟醸。

お歳簿にもらったもので、少し残っていた。

 

柔らかな仕上がりのお酒で、飲み味は優しく料理の邪魔をしないから、繊細な料理にも合うしガツッとした料理にも合う。

それにしても牡蠣のオイスターソース焼きが旨い。

 

身のシッカリとした大粒な牡蠣で、スーパーに並んでいるロケットのものでは到底味わえない旨味がある。

牡蠣が好きな奥殿も満足そうで何より。

 

お節の残りと言ってはナンだが、数の子も旨いアテになる。

子供の頃は大して旨いものとは思えなかったが、今は旨いと感じる。

歳とともに味覚も変化するということか。

 

〆はあんかけ焼きそばだ。

お餅も飽きてきたからね。

 

こんな感じで飲んでいたのだが、どうもスッキリとしない。

正月三が日に初詣に行っていないのは、別に悪い事をしているのではないけど、何故か後ろめたい。

 

しかも行ける時間があっても飲んでいるのだから、余計に後ろめたいのだ。

近々 ”初詣” に行ってスッキリしてこようかと。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました