「パセリ」がこんなに美味しいとは知らなかった【自宅】

「パセリ」がこんなに美味しいとは知らなかった【自宅】

 

朝ごはんにパンが出された。

家の朝ごはんと言えば、白いご飯に味噌汁、それにお菜という一汁一菜がほとんどだけど、パンという日もたまにある。

 

この日の朝がそんな日で、トーストされたパンにコーヒー、それにソーセージというオーソドックスなセットだった。

これはこれで美味しくて、毎朝こんな感じもいいかなと思えるから、根っからの和食党ではない。

 

そんなパンのセットだったけど、実はこの中で一番美味しかったのはパセリ。

パセリと言えば料理の ”飾り” というイメージで、積極的に食べると言う感覚はない。

 

だけどこのパセリを食べたら美味しいのだ。

エッ?と思ってもう一房もらって食べたけど、やっぱり美味い。

 

パセリと言うと苦味が特徴のハーブで、食後の口直し程度の認識だったが、このパセリの美味さは別格。

たまたま美味しく感じただけかもと思ったが、晩ご飯の時に改めてパセリを盛ってもらった。

 

それがこれだ。

ギョーザの飾りで盛ってくれたが、これでもかと盛られていて、飾りの域を超えている。

今朝のパセリのことを「美味しい」と何度も私が言うから、それでたっぷり盛ってくれたのだ。

 

このパセリを食べれば、やはり美味い。

苦味はあるにはあるが、苦い味とは感じさせない。

むしろ ”爽やかな味” とさえ感じる。

 

奥殿に、これ程パセリが美味しいのはどうしてだろうと聞けば、質がいいからではとのこと。

加えて葉っぱが細かく、鮮度もいいという。

どんなものでも一級品と二級品があるが、このパセリは間違いなく一級品だ。

 


 

パセリに限らず、大根でもホウレン草でも安いものもあれば高いものもある。

高いから良いものとは限らないが、一級品はそれなりの値段が付き、二級品は二級品の値段が付くのは当然のこと。

 

スーパーのチラシで、ホウレン草が100円の店と120円の店があったとする。

100円の方が安いが、それが本当に安いかは値段だけでは分からない。

チラシでは大きさも分からないし、質の良し悪しなんてもっと分からないからだ。

 

もしかすると二級品のホウレン草を100円で売っているだけで、それは当たり前の値段。

本当は120円の一級品の方が大きくて美味しいホウレン草で、むしろ安いのかも知れないのだ。

 

物の値段にはすべて理由があって、一級品を二級品より安く売ることは普通はない。

そう思うと一円でも安い方がいいというのは考えものだと思うが、どうだろうか。

 


 

スイマセン、話しが変な方向にいってしまって。

パセリの話でした。

 

で、このパセリがこれほど美味いものとは知らなかった。

主役のギョーザを食ってしまいかねないほど、パセリが美味しいとは驚き。

 

付け合せとか飾りでだけでは勿体ないと思うが、パセリの料理なんてあるのだろうか。

あれば一度食べてみたいものだが、どんな料理があるのか見当もつかない。

レストランでも見たことがないから無いのかもだが、機会があればコックさんに聞いてみようか。

 

ギョーザとパセリで一杯が済めば、次はご飯だ。

今夜のメインは餡かけの野菜炒め。

野菜炒めは簡単にできるし、在り合せの野菜で作れるからよく出される料理だけど、最近、餡を掛けるようになってから味のグレードが格段に上がった。

 

餡を掛けるだけでこれほど味が変わるのだから、料理は微妙なものだ。

中華料理は餡を掛けることが多いが、中華料理の旨さの秘訣が実は餡にあるのではと思う。

 

いま家では卵焼きにも温豆腐にも餡を掛けてしまうが、美味しさは確実にアップする。

温めた豆腐も、餡かけにすれば美味しいひと品になる。

 

こんなセットの晩ご飯で、いただきます。

いま気付いたけど、この日の画像にアルコール類が一切写っていない。

が、ご心配なく。

ちゃんと飲んでますから、って、何が言いたいのか。

 

今日も美味しかった、特にパセリが、と言っては身も蓋もないか。

ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

ありがとうございました