心が洗われる ”青もみじ” の曽木公園と営業自粛中だった ”ピーノ”【岐阜県 土岐市】

心が洗われる ”青もみじ” の曽木公園と営業自粛中だった ”ピーノ”【岐阜県 土岐市】

 

休みの日はやることが多い。

ガラス磨きに始まり、庭木の剪定、果ては縁台のペンキ塗り!と、大忙しの一日だった。

 

窓ガラスを磨くことは慣れているし、庭木の剪定もいつものことだが、ペンキ塗りはイレギュラーな仕事。

予定では今年のゴールデンウィークに縁台を作り直すつもりだったが、準備不足で頓挫。

ボロボロのものを使い続けているから、少しでも持たせるためだ。

 

その縁台がこれで、ところどころ木が腐っている。

放っておけば加速度的に腐食が進んでしまいそうなので、ペンキを塗って ”延命治療” だ。

 

ペンキ塗り自体は難しいことではないから、塗り始めればすぐに終わる。

こんな感じで休みの一日を家事に費やしていたが、それは翌日にツーリングに行きたいため。

 

で、翌日もいい天気で、絶好のツーリング日和。

新型コロナウィルスの感染も収まりつつあり、政府の緊急事態宣言も解除されているが、それでも人混みは避け、岐阜の東濃方面へ行くことにした。

 

向かった先は岐阜・土岐市にある曽木公園。

曽木公園へ向かったとは言え、そこへ行くことが目的ではなく、そこへ至る道を走ることが目的。

 

ツーリングとはそういうもので、走ること自体が楽しいのだ。

この気持、ライダーの方なら分かっていただけるかと。

 

豊田市からR.153、R.419で旧・小原村から瑞浪の陶町(すえまち)にある「世界一のこま犬」へ出て、そこからR.363で曽木公園を目指すというショートツーリング。

曽木公園は紅葉で有名なところで、その時期は車が停められないほど混む。

 

この画像⬇は2018年11月のものだが、秋には素晴らしい紅葉を見せてくれる。

ライトアップされる夜は、水面に紅葉が映って桃源郷のような美しさに包まれるが、人も凄まじく多く、たどり着くのも大変なのだ。

 

そんな曽木公園へは一時間ほどで着いてしまった。

紅葉の時期以外に来たのは初めてかも。

 

人は殆どいなくて、静かなもの。

これがいつもの姿なのか、それとも新型コロナの影響なのかは分からないが、静けさに包まれていい雰囲気だ。

 

園内は手入れが行き届いていて、ゴミひとつ落ちていない。

空気も木々に浄化されている感じ。

それだけで爽やかな気分にさせてくれて、この空気が何よりのご馳走だ。

 

紅葉の名所だけあって、モミジの木に囲まれている。

新緑の青もみじに包まれて、心も洗われる。

 

初夏のような雰囲気だが、清涼感がある。

コンパクトな公園で、このサイズ感もいい。

無駄に広くないのがいいのだ。

 

爽やかな空気をたっぷり吸わせてもらっていたら、腹が減ってきた。

曽木公園の目の前にあるのは温泉施設の「バーデンパーク SOGI」。

ここにはレストランもあるが、新型コロナのため休業中。

初めからここへは寄るつもりはなく、車で5分ほどのところにあるパスタの店へ向かう。

 

向かった店は「パスタ PINO(ピーノ)」という店で、以前「カフェ komichi 」という店だったところ。

だが店は休業中だった。

新型コロナのため営業を自粛中で、休業しているのだ。

 

休みではどうしようもない。

土岐か多治見の街へ出てランチでもいいが、ここは家に帰って食べることにした。

今から店を探すのが面倒だし、それに家なら飲めるからね。

 

パスタ PINO

 

と言うことで帰ることにしたが、帰り道に出会ったのが前を走る二台の車。

ポルシェのカレラ4と、チラッとしか写っていないがフィアットのスパイダー(矢印)の二台だ。

 

この二台が恐ろしく速く、アッという間に置いていかれてしまう。

上の画像は信号で停まっているところだが、ここで追いつくまでの速さは尋常ではなかった。

 

しかもフィアットのスパイダーは50年近くも前の旧車だから、恐れ入る。

ポルシェは現代のスポーツカーだから速いのは分かるが、50年も前のスパイダーも同じように走れるとは。

ドライバーの腕も大したものだが、50年前の車を良い状態を保つのも大変だろう。

 

私のロードスターも23年目になるが、スパイダーに比べればまだまだで、 ”ヒヨっ子” みたいなものだ。

因みにスパイダーもロードスターと同じオープンボディーなので、余計に親近感を感じる。

 

さ、バキューンと帰って一杯にしますか。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました