ながら飲みしながらの「しめ鯖」作りも楽しいもの【自宅】

ながら飲みしながらの「しめ鯖」作りも楽しいもの【自宅】

 

しめ鯖OKと言うことで買ってきたサバ。

せっかく買ってきたのだから、早速しめ鯖を作ることにした。

 

私の作り方の特徴は、砂糖で締めること。

しめ鯖を作るのに砂糖?、と怪訝に思われる方も居られるだろうが、大丈夫。

決して甘いしめ鯖にはならず、美味しいしめ鯖が出来るからご安心を。

 

手順は砂糖で40分締め、次に塩で90分、最後に酢で10分締めれば出来上がり。

トータルで2時間半ほどかかるが、放置している時間が長いだけで、実際に作業する時間は僅かなものだ。

 

先ずは砂糖をまぶして40分放置。

詳しいことは知らないけど、塩より砂糖の方が浸透圧が強く、砂糖で締めると余分な水分と共に生臭みも抜け、旨味が増すらしい。

それで初めに砂糖で締めるのだ。

 

40分放置した後の画像だが、鯖からこんなに水分が出る。

これで生臭みが消えるというのだ。

 

砂糖を水で洗い流し、今度は塩で90分締める。

ここからが長い。

待っていると気が遠くなりそうなの、飲みながら待つことにする。

 

用意してくれたのはイカ刺し。

イカは去年からの記録的な不漁で値段が跳ね上がり、ここ最近、食べたことがない。

 

それが最近は値段が下がって来たということで、それでイカ刺しにありつけた訳。

いずれにしても久しぶりのイカ刺しだ。

 

他には野菜炒めも用意してくれた。

野菜炒めは餡かけになっていた。

 

こんなセットで一杯にする。

軽めのセットなのは、後からしめ鯖で一杯にするつもりだからだ。

 

ウ~ン、ビールが旨い。

しめ鯖が出来るのを待つのは長く感じるけど、飲んでいれば待つのも気にならない。

 

イカ刺しを摘みにして飲んでいれば、優雅なひと時が過ぎていく。

このイカはスルメイカとのこだけど、久しぶりに味わうイカが甘くて美味しい。

 

美味しいイカを味わいながら、録画してある太田和彦さんの「新・居酒屋百選」を見ていれば、小料理屋で飲んでいるような錯覚におちいる。

ただし美人ママはいないが。

 

そんな小料理屋気分に浸っていれば、しめ鯖もそろそろ完成の時が近づいてきた。

最後は酢で10分締める。

酢で締めるのも終われば、骨抜きで小骨を抜き、最後に薄皮を剥けば出来上がり。

この最後の薄皮を ”シャー” っと剥がす時が、「出来た!」という充実感に包まれる瞬間だ。

 

出来たてを盛ってみた。

本当は一晩寝かした方が味が馴染んでより美味しくなるのだが、待ち切れないのでね。

 

改めてカンパイ。

飲んでばっかりで恐縮だが、これが美味しい。

 

しめ鯖は美味しく出来てはいるが、やはり油のノリがイマイチ。

この時期のサバなのでそれは仕方のないことだし、それも承知で買ってきたのだから。

 

それでも見た通り鮮度の良いサバで、夏向きのサッパリとした味が楽しめる。

この時期のしめ鯖としては上出来だと思う。

 

奥殿からは、店で食べるしめ鯖よりも美味しいとのこと。

そう言われるのは嬉しいが、ちょっと褒め過ぎでは。

 

だが確かにこれほどのしめ鯖にはあまり出会わない。

ある店のしめ鯖は塩と酢でガンガンに締められていて身は真っ白。

食べれば塩辛くて、まるで「塩サバ」のようだった。

 

そんな酢と塩にまみれたしめ鯖なのに「当店の一番人気!」と謳ってある。

一体いつ作ったの?と思うほどに ”締め過ぎ” ているのだ。

 

この味でそんなに人気があるとはとても思えない。

店名はあえて伏せるが、作る人も食べる人の味覚もそれぞれと言うことか。

 

しめ鯖を作りならがの「ながら飲み」で4時間も飲んでいたが、長いとは全然感じなかった。

むしろ作りながら飲むというのは楽しいことなのだ。

 

今日も美味しかった。

ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました