酷暑の日にはハマチの刺し身と漬け丼でサッパリと【自宅】

酷暑の日にはハマチの刺し身と漬け丼でサッパリと【自宅】

 

暑い!

ここ愛知県も気温が35℃超えの酷暑日で、夏の盛りだ。

 

そんな暑い日にはサッパリしたものをと、奥殿が刺し身を買ってきてくれた。

私の家ではあまり刺し身が出ないが、それは私が刺し身をあまり得意にしていないからだ。

 

だけど全く食べないということではなく、出されれば食べるし、嫌いということでもない。

火を通したモノのほうが ”料理” という感じがして、刺し身より煮物とか焼き物の方が好きだからだ。

 

刺し身は魚を切るだけなので、味を ”作る” ということはない。

いい魚さえ手に入るのなら、誰が切っても味に差がない、などと書くと怒られそうだが、あながち間違いでもないだろう。

 

故に鮨は好きだけど、刺し身は料理という感じがしないという事だが、これは私の感想であって、気を悪くされた方がいればお詫びする。


 

それはさて置き、買ってきてくれたのはハマチの刺し身。

ブリの子供で、ここ三河ではハマチと呼ぶが、関東ではイナダか。

 

ブリに比べると油の乗りは少ないが、それがサッパリとした味になるから、夏向きの刺し身だ。

 

もちろん刺し身だけではない。

刺し身だけではサッパリし過ぎてしまうし、量的にも持たない。

 

で、この日はハムカツという家では初登場?の揚げ物を出した。

吉田 類さんの「酒場放浪記」の中で時々登場するメニューで、それを見た奥殿が食べてみたいということで買ってきたものだ。

 

冷凍物なので揚げるだけなのだが、どうせ揚げ物をするのならついでに天ぷらもということで、結局は私が天ぷらと揚げ物をやることになってしまった。

よく働くダンナだ。

 

ひと汗かきながら作った天ぷらがこちら。

何のことはない、揚げ物がメインで刺し身が添え物のようなことになっている。

 

タイトルの「サッパリとした・・・」とはかけ離れた品揃えになってしまったが、予定通り行かないことはしばしばある。

こんなセットでカンパイ。

それにしても揚げ物が多い気がするが、気にせず行こう。

 

ビールをグイッとやれば旨い。

やはり夏はビールだな。

 

初めてのハムカツは、ハムと言うよりメンチカツという雰囲気。

それでもペラペラのハムを揚げたものよりボリュームがあって、これはこれで美味しい。

 

ハムカツ初めての奥殿も、皮の部分がカリッと揚がっていて美味しいとのこと。

居酒屋メニューだけど、ビールのアテにはい感じなのだ。

 

ところで肝心のハマチの刺し身だけど、サッパリとしていて美味しかった。

魚は油が乗っているのが美味しいというのが通り相場だけど、このハマチのように、油の乗りが少なくても、サッパリ感があって美味しいものもあるのだ。

 

牛肉で言えばサシの入った部位と赤身の違いで、どちらが上とか下ということではない。

個人の好みの問題であって、魚でもこういったサッパリ系のものも良いものだ。

 

こんな感じで飲んでいたのだが、この日の締めはハマチの漬け丼。

これが美味かった。

 

だし醤油に漬けられたハマチの切り身をご飯に乗せ、それにワカメと温泉玉子で合わせてあったけど、美味かったのだ。

それに天ぷらの余った衣で作った天かすがいい働きをしていて、天丼のような味わいも見せてくれて嬉しくなってしまう。

 

安いハマチだったらしいけど、これだけ楽しませてくれれば ”御の字” だ。

酷暑の晩ごはんも、ハマチの切り身で美味しく味わえた。

ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました