焼きとり屋デビューの女性には丁度いい「楽天家」【豊田市】

焼きとり屋デビューの女性には丁度いい「楽天家」【豊田市】

 

この日はある女性と焼き鳥屋へ行ってきた。

焼き鳥屋へはあまり行かない私だが、その女性から「焼き鳥屋へ行ってみたい」とのリクエストがあったからだ。

 

焼き鳥屋と言うと、狭くて煙と匂いの立ち込める男の世界というイメージ。

例えばこんな感じ。

これはこれで私は好きな世界だが、女性をお連れして行くとなると微妙。

焼き鳥ビギナーの彼女なので、いきなりディープで濃い店は避けたいのだ。

 

尤もお付き合いが深い間柄なら濃い店でもいいだろうが、彼女とはそんな関係ではない。

女性を案内する立場なので、もう少し軽いタッチの店に、という事で探したのが「楽天家」。

 

私も初めての店だが、ネットで見ればキレイそうな店。

それに豊田市駅の近くにある店なので、電車の彼女に都合がいいというのもこの店を選んだ理由だ。

 

店は空いていた。

やはり新型コロナの影響とかで、未だに客足が戻っていないとのこと。

 

こんな状態が長引けば飲食業界が全体が参ってしまう。

なんとかならないものかと思うが、相手がコロナではなかなか難しいところだ。

 

ところで焼き鳥屋へ行ったことがない女性と言うと、年端も行かない ”お嬢ちゃん” という感じだが、彼女はそうではない(失礼)。

たまたま行く機会がなかったのだ。

 

周りに飲む人がいないと、居酒屋とか焼き鳥屋のような飲み屋へ行くことがない。

彼女もその立場で、それで私に連れて行って欲しいということだ。

 

そんな彼女だが、実はお酒もビールも飲める。

で、ビールで乾杯。

う~ん、美味い。

普段、新ジャンルのビールで満足している私だが、やはり生は美味い。

それにキレイな女性と一緒だと余計に美味い。

 

焼き鳥屋なので、やはり串物から行くのが筋。

先ずは鶏のもも、ささみ、アスパラベーコンなどの定番モノでいってみた。

 

それとトマトスライスも頼んだけど、これは女性に対する気遣い。

男同士ならそんなことは気にもしないが、女性には優しく接しないとね。

 

最初にやってきたのはそのトマトスライス。

キレイにスライスされたトマトで、切り口が鮮やか。

添えられたマヨネーズで味わうのだが、オリーブオイルと塩、それに黒胡椒で味わいたいところだ。

 

突き出しもあった。

切り干し大根やモヤシがごま油で和えられていて、韓国料理のナムルと言っていいのかな。

これが意外に美味しくて、これだけでもビールが進みそう。

 

焼き鳥がやってきた。

もも肉にアスパラベーコンで、この辺りなら抵抗なくイケルのでは。

 

ささみ。

柚子コショーを頼んだつもりだったけど、わさびを頼んでいたようだ。

 

当たり障りのない定番の焼き鳥なので、彼女も抵抗なくいっている。

それに美味しいとのことで、何より。

 

お酒が飲みたくて冷酒を頼んだのだが、この一種類しか置いていないとのこと。

今は日本酒があまり売れないから、これも仕方がない。

これをお願いしたのは言うまでもないが、ちょっと寂しいことではある。

 

お酒の画像は取り忘れてしまったけど、飲みやすくて美味しいお酒だった。

お酒が好きな彼女も、美味しいとのこと。

 

それとちゃんと猪口を用意してくれるが嬉しい。

これがコップに注いだコップ酒となると下品な感じになって、女性には似合わないからだ。

 

つくね。

これを見たとき「たこ焼き」かと思ったが、つくねだった。

私が思っているつくねのイメージとは違うが、料理の形は店によっていろいろ。

 

店は相変わらず空いている。

時折、お持ち帰りの人が来店するぐらいで、店内で飲食しているのは我々だけ。

密にならないのはいいが、他に誰もいないのも落ち着かないものだ。

 

バイトのお嬢さんも手持ち無沙汰の様子で、ヒマだと時間が過ぎるのが遅くってね、と。

冗談で一緒に飲もうかと言えば、飲みたい!、だけど仕事中ですから、とのことだったが、こんなにヒマだと飲みたくもなるよね。

 

この店には串物以外に居酒屋メニューも豊富にある。

その中から彼女が選んだのが山芋の鉄板焼?

正に居酒屋メニューで、お酒も進む。

 

こうなれば串物はそっちのけで、私の好きなエビマヨはないかと聞けば、有りますとのこと。

喜んで頼んだのがこれ。

これが大当たりで、揚げられたエビフライに酸味の効いたマヨネーズソースが絡んで、とても美味しいのだ。

彼女もこれがかなり気に入った様子で、すごく美味しいとのこと。

 

調子に乗って頼んだはだし巻き卵。

手早くササッと焼いてくれただし巻き卵で、ご覧の通りの大判モノ。

熱々を食べれば、出汁の効いたフワトロの味が美味。

 

これにはビールでしょ、ということでビールをオカワリしてしまったが、エビマヨもだし巻き卵も美味しかった。

 

焼き鳥屋へ来て串物以外が美味しかったと言うのも何だが、ここはそんなにディープな焼き鳥屋ではないということだ。

それを狙ってこの店を選んだのだから、これでいいのだけどね。

 

焼き鳥屋初めての彼女も美味しかったとのことで、ご同慶の至り。

で、お開きにしたが、彼女からまだ時間があると言う。

 

という事で二軒目に向かったのが、珈琲とワインの店の「花筐」。

この店のことは前のページで書いたが、マスターに嬉しいことを言われて楽しい夜だった。

 

初めての「楽天家」だったけど、焼き鳥のメニューに劣らず居酒屋メニューも揃っていて、それが意外なほど美味しいのが印象的だった。

今回は軽いジャブということで、次はヘビー級の本格的な焼き鳥屋へ行ってみますか。

 

炭火やきとり 楽天家(ぐるなび)

 

美味しかった、またやりましょう。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました