グラスを変えたらお酒の味が美味くなった気がする【自宅】

グラスを変えたらお酒の味が美味くなった気がする【自宅】

 

ツーリングの時に買ってきた蓬莱泉(ほうらいせん)のグラス。

買ってくれば直ぐに使いたくなるもので、早速使ってみた。

新しいグラスは綺麗だし、それに透明感もあって気持ちがいい。

 

注がれているお酒は蓬莱泉ではなく、三重・鈴鹿の「作」だが、いつもより美味しく感じる。

料理が器や盛り付けによって味も雰囲気も変わるように、お酒もグラスによって味が変わるのが不思議。

お酒が変化することはないから、これは飲み手の精神的な変化なのだろうが、何故なのだろうか。

 

居酒屋などでお酒を頼むと、酒器ではなくコップに注ぐスタイルが意外に多い。

「盛りこぼし」とか「盛っ切り」という注ぎ方だが、私はこれが大嫌い。

 

そもそもコップで酒を飲む「コップ酒」なんて、酒の飲み方としては下品な飲み方。

それに枡にこぼしたお酒はどうしても垂れるから、カウンターが汚れる。

それを拭くのにおしぼりを使うことになるが、おしぼりは手拭きであって、台拭き用の雑巾ではない。

 

加えて枡に浸かっているコップもお酒で濡れてしまい、手もベタベタになる。

それもおしぼりで拭くことになるが、台拭きで使ったおしぼりで手を拭くことになって、あまり気分のいいものではない。

 

それに並々と注がれたお酒を、こぼさずに飲むのも難しい。

今は「口付け飲み」という不思議な飲み方が流行っているようだが、見苦しい飲み方の典型。

器に口を近づけて食べるとか飲むのは「犬食い」と言われるもので、マナー違反の最たるもの。

 

見ているだけでも見苦しく、躾られずに育ったかマナーを知らない人だと思われる。

特に女性にこれをやられると、百年の恋もいっぺんに冷める。

 

お酒は品よく飲むもので、コップであおるように飲むものではない。

そんなこんなで「盛りこぼし」という飲み方が嫌いなのだ。


 

話しが脱線して恐縮。

 

お酒のアテはとり天にした。

とり天にしたと言うより、とり天に “させられた” と言うのが正しいが、それは奥殿のリクエストだから。

 

ツーリングの間に口にしたものと言えば、お茶とおにぎり一個。

さすがにそれだけでは腹が減って、岩村で昼ご飯にしようかと思ったが、結局は止めてしまった。

寄ろうかと思った店がここで、屋号には「宿 やなぎ屋」とあって旅館のようなのだが、表書きには「寿司幸」ともある。

 

寿司屋のようで、ランチメニューがこれ。

そう言えば「寿司幸」は、恵那の旧中山道沿いにある寿司屋だったような。

 

調べてみればやはりその通りで、その店はなかなかの老舗。

岩村の店のランチもこんな感じとか(画像はHPより)。

これで1,500円なら値打ちと思うが、いい寿司屋だと飲みたくなってしまうのがワタシ。

 

だけど車なので飲むことはご法度。

それでこの店を諦め、家に帰って飲むことにしたのだ。

 

家に帰り着いて、早速とり天に取り掛かった。

とり天というか、天ぷらはもう何度も揚げているから慣れたもの。

 

用意したのはこれ。

ナスやニンジンに加えて、道の駅「福寿の里」で買ったアマトウとトマトも天ぷらにしてみた。

 

トマトを天ぷらにするのは初めてだけど、どんな感じになるのだろう。

奥殿に聞いても、やったことがないから分からないとのこと。

やってみれば分かるからとトライしてみる。

 

あとは衣を作って揚げれば出来上がりだ。

ツーリングから帰って直ぐに天ぷらを揚げるとはよく働くダンナで、ここは褒めておこう。

 

ちゃちゃっと揚げれば一丁上がり。

奥殿リクエストのとり天の出来上がり。

 

野菜の天麩羅もいい感じに揚がっている。

天ぷらは意外に簡単な料理なのだ。

 

他にサラダなどをセットして、準備完了。

この画像にはいつもの酒グラスが並んでいるが、買ってきた蓬莱泉のグラスに置き換えた。

 

先ずはビールをグイっと一杯。

う~ん、旨い!

 

天ぷらにもビールがよく合って、お互いの良さを引き出す。

揚げ物とビールは ”相思相愛” の関係なのだ。

 

天ぷらはいつものようにカリッと軽いタッチの揚がりで、いい感じ。

野菜の天麩羅はどれも美味しいのだが、初めて揚げたトマトは、あまり美味しくはなかった。

不味くて食べられないということはないが、天ぷらには微妙。

 

オリーブオイルで仕上げるトマトスライスや、玉子と炒めた方が美味しい。

何でも揚げれば美味しいということは無い、ということか。

 

お酒にチェンジしたけど、初めに書いた通り、蓬莱泉の小振りなグラスがとてもいい雰囲気。

それに飲みやすい形で、お酒の味も引き立つ。

 

グラスが変わっただけで、いつもの「作」のグレードが上がったような気がする。

器の持つマジックと言ったところで、不思議なものだ。

 

これからこの蓬莱泉のグラスが主役になるかな。

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました