アボカドを生ハムで巻けばお洒落で美味しいアテに【自宅】

アボカドを生ハムで巻けばお洒落で美味しいアテに【自宅】

 

この日は休みなので、例によって朝ご飯はパスタ。

海上自衛隊で金曜日がカレーに決まっているように、私の家では休みの日の朝はパスタに決まっている。

 

パスタは私の担当なので私がコックを務めるが、この日の夜は奥殿が飲み会のため不在で、夜も私が作ることになる。

結局、朝も夜も自分で作るということになるが、”単身赴任中” と思えばどうってことはない。

 

朝からパスタと言っても、レトルトソースを使うので簡単なことだ。

レトルトソースにはちょっとだけ手を加えているが、それはトマトを足すこと。

 

今日はトマトに加えてナスも入れたけど、これは思いつきでやったもの。

たまたまナスが目についたので、ついでに入れてみたのだ。

 

使うパスタはいつものディチェコのフェデリーニで、1.4 ㎜ という細目のパスタ。

一人60gと少な目だけど、これぐらいが丁度いい量。

 

パスタ茹でます。

茹で時間は袋に書いてある通りの6分。

 

時々、指示してある時間より一分前に引き上げよというのを見るが、それでは茹で上がらない。

試しに一分前に食べてみれば分かることだが、バリカタのパスタで火が通っておらず、食べられたものではない。

 

中には時間前に引き上げてボウルに入れておく、「茹で置き」という技を指南するのもある。

信じられないことに、それをやる店も意外に多い。

 

時短になるのがその理由だろうが、アルデンテのパスタの旨さは飛んでしまい、当たり前だが不味いパスタになる。

これを平気でやる料理人は、パスタのことをちゃんと知っているのだろうか。

 

一分前に上げよと言う人は、恐らくその後でソースとパスタをフライパンで炒めている(加熱している)と思うが、パスタは炒めるものではない。

パスタはソースと絡めるのであって、炒めたり焼いたりするものではないのだ。

焼きそばではないのだから。

 

パスタを茹でている間に、同時進行でソースを作っていく。

って、トマトとナスを炒めてレトルトソースを温めるだけだけど。

ここへ茹で上がったパスタを入れ、ソースを吸わせる感覚で絡めれば出来上がり。

 

青物をトッピングして盛り付ければ、「完熟トマトとナスを使ったミートソースパスタ」の完成。

盛り付けのセンスが無いのはいつもの通りで、それが辛いところ。

 

スープ代わりの味噌汁を添えて、いただきま~す。

食べればこれが美味しい。

自画自賛で恐縮だけど、これが美味しいのだ。

 

思い付きで入れたナスも、トマトの酸味の効いたソースによく合う。

パスタもアルデンテに茹で上がっていて、いい感じ。

下手な店のパスタよりも美味しいと言っては言い過ぎだが、実際このパスタが美味しいのだ。


 

昼は掃除や片付けに明け暮れて、一気に夕方。

奥殿はいそいそと飲み会に出かけ、残された私は一人飲み。

 

一人飲みは別にどうってことないが、自分でアテを作らないと何も出ない。

これが居酒屋なら、アレだコレだと頼めるが。

 

しかも美人ママがお相手してくれるかもだが、家の一人飲みではそれは有り得ない。

当たり前のことだが、同じ一人飲みでも、家で飲むのと外で飲むのとでは大違いなのだ。

 

そんなことをボヤいていても何も始まらないから、アテを作ることに。

一人飲みの数少ないメリットの一つに、自分の好きなもので飲めることがある。

 

この日はホタテのスモークと、アボカドを使ってアテを作ってみた。

どちらもそのままでも食べられるという、手軽に使えるものだ。

 

作った、と言うより盛っただけのホタテのスモーク。

サニーレタスを添えただけだけど、それなりの料理になった。

ホタテにはほとんど味が付いていなかったので、オイスターソースがかけてある。

 

アボカドは生ハムで巻いてみた。

アボカドに生ハムを巻くだけなので、アッという間に出来てしまう簡単な一皿だけど、リッチなイメージ。

 

それにスライストマトのサラダだ。

トマトをスライスして塩とオリーブオイルで仕上げたものだけど、これが一番手間がかかっている。

と言っても数分で出来るけどね。

 

こんなセットで一人飲みのスタートだ。

飲み始めて思ったことだが、冷たいアテばかり。

 

何か温かいものでもと思ったが、イマサラ席を立つのが面倒。

このまま進行ゴーだ。

 

飲めば冷製の料理だけでも気にならない。

それよりもそれぞれが美味い。

 

アボカドの生ハム包みも、生ハムの塩味とアボカドの味がマッチしてとても美味しい。

オシャレなひと品だけど、一人飲みなので人に見せることもないけどね。

 

一人飲みは ”音” が全く無い。

音無しではシーンとしてつまらないから、録画してあるMJQ(Modern Jazz Quartet)のライブを見ながら(聴きながら)イッパイ飲んでいれば、とてもいい気分。

 

他に誰もいないので大きな音で聴いていれば、ここはジャズバーかといった雰囲気。

とても美味しかったアボカドの生ハム包みもお代わりして(自分で作ったのはモチロンだが)、イッパイも終了。

 

締めはインスタントラーメンというのが、いかにも一人飲みの締めらしいが、ラーメンも美味しかった。

あ、洗い物もちゃんとやりましたよ。

出来たダンナですので、って自分で言うか。

 

今日も美味しかった、ごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました