刺し身でもいける黒鯛を塩焼きにしたら最高に美味【自宅】

刺し身でもいける黒鯛を塩焼きにしたら最高に美味【自宅】

 

最近、魚の塩焼きを食べていない。

食べていないというのは正確ではなく、北海サバの塩焼きはちょこちょこ食べているのだが、それは作られたもの。

生の魚に塩を振って焼く、ホンマモンの塩焼きを食べていないのだ。

 

そんな気持ちで魚屋へ行けば、黒鯛(チヌ)があった。

刺し身でもいけそうな立派な黒鯛で、これに塩を振って焼けば美味いだろうなと、速攻お買い上げ。

 

さっそく焼いてもらったのがこれだ。

画像では大きさが伝わりにくけど、大きくて厚みもある立派な黒鯛。

 

焼き魚は熱々が旨いので、ハフハフしながら味わえばこれが最高に美味。

身はしっとりとした味わいで、パサツイた感じは微塵もない。

それにパリッと焼かれた皮目が一段と旨く、身よりも皮目が美味いとさえ思える。

 

これにはどう考えてもお酒でしょ、と言うことで岐阜・瑞浪の小左衛門を合わせてみた。

う~ん、美味い。

美味すぎて言葉も出ないほど、塩焼きとの相性がいい。

 

塩をふって焼くだけでこんなに旨いのは、魚の鮮度がいいからなのでは。

ある居酒屋の大将が、刺し身で食べられる魚を煮たり焼いたりと火を通すのが、一番贅沢で一番美味しい食べ方だよと言っていたけど、今日の黒鯛の塩焼きが正にそれなのでは。

 

最近は冷凍の北海サバの塩焼きしか食べていない奥殿も、ホンモノの塩焼きの味にしびれているようで、塩焼きがこんなに美味しいものとはと感激の様子。

それほど高価な魚でなくても、美味しい魚はあるし、美味しい食べ方もあるのだ。


 

話しが前後して恐縮だけど、この日のもう一つの主役はシュウマイ。

ボリュームたっぷりのビッグなサイズの焼売で、いつもの焼売に比べて3倍ほどもある。

 

いつもの安っい焼売は肉らしさをあまり感じず、練り物の感覚に近いが、今日の焼売は明らかに肉焼売というのが分かる。

名前も「黒豚焼売」というらしいが、黒豚はともかく、肉らしさにあふれた旨い焼売。

ソーセージに例えれば粗挽きのソーセージといった感じで、美味しい。

 

焼売には当然のようにビールを合わせた。

う~ん、旨い。

焼売にはやはりビールが合うね。

 

さっきの黒鯛の塩焼きにはお酒が合うように、料理によって合うお酒というのは確実にある。

ビールにはビールの旨さもあるし、焼酎には焼酎の旨さもあるけど、料理との相性でお酒の種類を変えるもの楽しいのでは。

 

つい最近「ワカコ酒」というTVドラマを見たけど、26歳の OL ワカコさんが、あちこちの店で食事しながら飲むという楽しい内容。

そこで飲むお酒は、アテによってワイン、ハイボール、焼酎、日本酒、ビールと多種なものを合わせるのだけど、この気持、分かるな。

 

You Tubeにあったので載せておきます。

短編のドラマなので、お暇な時にでもどぞ。

それにしてもこれだけ楽しそうに飲むワカコさんと、一緒に飲んでみたいものだ。

 

今日も美味しかった。

ワカコさんではないけど「美味しいものを食べたら幸せになれる」で、ごちそう様。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました