高級食パン VS ヤマザキの食パンの直接対決の結果は

高級食パン VS ヤマザキの食パンの直接対決の結果は

 

数年前からブームになっている高級食パン。

私が知ったのは「乃が美」の食パンが最初で、豊田市内にも「はせがわ」や「ハレ/パン」などが次々とオープン。

 

他にも「銀座に志かわ」や、その名前をパクったような「い志かわ」、それに「ねえぇ ほっとけないよ」というチャラい名前のパン屋もオープン。

まるで食パン乱世の “戦国時代” に突入したかのような雰囲気だ。

 

そんな乱世の食パン業界に共通しているのは、値段が高いということ。

2斤(一本)で800円から1,000円もする。

 

スーパーで売っている大手メーカーの食パンなら、2斤で300円もあれば足りる。

激安の食パンなら2斤で200円しない。

 

それに比べて高級食パンは4~5倍もするから、高価格。

貴族ならどうってことない値段だろうけど、一般人が毎日食べるには高い。

 

それにいくら高級な食パンが美味しいと言っても、所詮は食パン。

普通に売っている食パンとそれほどの違いはないのではと、買いもせずに勝手に決めつけていた。

 

そんな高級な食パンを頂戴したので、さっそく食べてみた。

初めての高級食パンだからじっくりと味わってみた。

同時に大手メーカーの食パンと食べ比べてもみたので、レポートしてみたい。


 

頂戴したのは「HARE/PAN(ハレ/パン)」。

奥殿が友人から貰ったものだ。

 

中身は当たり前だけど食パン。

一本というか2斤入り。

 

パンフレットには「和食職人監修」と書かれている。

和食職人が食パンを監修できるのも不思議だけど、とにかく和食の料理人が監修したらしい。

 

和食職人と食パンが何を意味するのか分からないが、ともかく最初はそのまま ”ちぎって” 食べよとある。

だがちぎって食べるのは下品だし、パンの断面も汚くなるから包丁で切って食べることに。

下品に食べてはいけないのだ。

 

袋からパンを取り出せば、焼きたてのパンのいい匂いがする。

昔、私の住む町の中にパンの工場があって、パンが焼ける時間になるといい匂いがしていたのを思い出す。

 

包丁でスライスして盛ったのがこちら。

食べたらこれが旨い!

 

甘くしっとりとした食パンで、一枚なんてアッという間に食べてしまった。

やはり高い食パンは高いだけのことはあって、美味しい。

 

知らなかったけど、高級な食パンって美味しいのだ。

今まで「あんな高い食パンなんて、」と小バカにしていてゴメンナサイ。

認識を新たにしました。

 

あまりにも美味しいので、今度はトーストにして食べてみることにした。

ただし単純に焼くだけでは面白くないので、スーパーに売っている大手メーカーの食パンも一緒に焼いて、どれぐらいの違いがあるのか比べてみることにした。

 

これがいつも買っている食パン。

ヤマザキのロイヤルブレッドで5枚切り。

買ってから数日過ぎているから、焼きたてのハレパンに比べると不利な状況だけど、食べ比べてみる。

 

ガスコンロののトースト機能を使って、同じコンディションでトーストする。

同時にトーストするので、焼き方に差はない。

 

トーストされたパンにマーガリンを塗ったのがこれで、こちらは高級食パンのハレパン。

マーガリンを塗っている時から感じたことだけど、パンがペチャンコになってしまっている。

 

食感もベチャッとした感じに。

これは一体どうしたことなのか。

トーストした時に味わえる、表面のカリッとした味わいがないのだ。

 

パンに含まれる水分量が多いためだろうか。

よく分からないけど、トーストには全く合わない。

 

こちらはヤマザキのパンをトーストしたもの。

ハレパンと間違えないように切り方を変えてあるけど、焼き方は同じ。

食べた感じはこちらの方が表面カリッとし、トーストらしくて美味しいのだ。

 

高級なハレパンと普通のヤマザキの食パンの直接対決の結果は、生で食べるのなら高級な食パンの勝ちだけど、トーストしたものはヤマザキの食パンの勝ち。

ということで、生とか焼くという状況によって、立場が入れ替わる。

 

ちなみに翌日も高級食パンを生で食べてみたけど、初日に食べたほどの感激は無かった。

美味しい期間が短い感じで、足が速い。

トータルで考えると、高級なパンでなくてもいいのではと。

 

やっぱり高級食パンは ”貴族” の食パンかな。

ヤマザキの食パンなら1/3の値段で買えるし、それにそこそこ美味しいから。

 

高級食パンのブームは、ブームとして終わってしまうのかも。

あのタピオカのように。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました