ノートパソコンをダンボール箱に乗せてテレワーク環境の完成?

ノートパソコンをダンボール箱に乗せてテレワーク環境の完成?

 

新型コロナの感染拡大で、ここ愛知県も緊急事態宣言が出されている。

取引先の会社も、人と人との接触機会を減らすため、リモートワークを進めている。

 

そのため担当者も基本的に訪問しないことになり、打ち合わせなどは電話やメール、それにテレワークで済ますことに。

最初の緊急事態宣言のときと同じ対応だけど、今回はそれを一段と進め、多人数での打ち合わせを Zoom(オンラインの会議システム) を使って行うことになった。

 

それに応じるために私がやったことといえば、ダンボールの上にパソコンを乗せたこと。

えっ⁉、どういう意味?

と思われるだろうけど、Zoomを使ってWeb会議をやるとなる、パソコンに内蔵されているカメラで自分を写すことになる。

 

ノートパソコンに内蔵されているカメラは、ディスプレイの一番上に付いている。

そのため普段、使っている状態で自分を写すと、下から写すことになって見た目が悪い。

 

普通の感じに映したいということで、それでカメラの位置を上げるため、パソコンをダンボール箱の上に乗せたのだ。

試しに自分を写してみたけど、本人が変わる訳ではないから顔に差はない。

当たり前だけどね。

それでもカメラの位置が上がったことで普通に映っていて、”カメラテスト” は合格。

 

カメラの右側には、照明用のLEDライトも付いている。

小さな光源だけど、これがあると無いとでは大違いで、ちゃんと顔を照らしてくれてキレイに写る。

 

私にはこのままの装備で十分だけど、よりキレイに見せたい女性は、Webカメラやリングライトを用意して万全を期しているとか。

リングライトもカメラも数千円程度で買えるから、それでキレイに映るのなら安いものか。

 

ただ緊急事態宣言が出されてリモートワークが進められているため、売り切れが続出しているらしい。

コロナのために思いもよらぬものが売れているのだ。

 

で、初めてのWeb会議に参加してみた。

12~13人ぐらいの会議だったけど、皆さんそれぞれの場所からの参加で、中には自宅のこたつに入って参加している人もいて、思わず笑ってしまった。

 

画面上では参加者の映像を個別に大きくして見ることも可能で、モノは試しと順次見て回ってみた(←会議中だぞ!)。

 

結果は自慢ではないけど、私の映像が一番キレイだった。

私がキレイだったのではなく、”映像” がキレイということだけどね。

 

ダンボール箱に乗せただけで映りが良くなるのだから、リモートワークにはダンボールが必須アイテムになったりして。

こんなことで映りが格段に良くなるのだから、リモートワークも意外とローテクで支えれれているものかと。

 

新型コロナのために様々な経験ができるのも、そう悪いことではない。

それよりこの騒動が収まった後に、どんな世界が広がっているのだろうか。

 

将来のことは分からないけど、そんなに悲観することもないのでは。

無責任かもしれないが、意外に良い世界が来るのかも。

できればそうなることを願いたいものだ。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました