休日の朝ご飯にチキンライスとオムライスの二連発

休日の朝ご飯にチキンライスとオムライスの二連発

 

休日の朝ご飯は私が作ることが多い。

時間に余裕があるのも理由の一つだが、自分で作れば好きなものが食べられるのも理由だ。

この日はチキンライスが食べたくて、作ってみた。

 

子供の頃のチキンライスといえば、それはご馳走。

私の家ではチキンライスは家で食べるものではなく、店で食べるものと決まっていた。

 

当時は店で食べること自体が滅多に無いことだったから、たまに連れて行ってもらう洋食屋で味わうチキンライスは ”大御馳走” だったのだ。

 

そのチキンライスにはグリーンピースが乗っていた。


(参考画像)

ケチャップの赤色に緑色のグリーンピースが映えて、まばゆいばかりに光っていた。

これが私の洋食の原点なのだ。

 

そんなチキンライスが食べたくなって、朝からチキンライス作りに励んでみた。


 

用意したのはタマネギと鶏肉。

これにご飯を用意すれば準備は完了。

チキンライスはシンプルな料理なのだ。

 

タマネギを炒め、火が通ったら鶏肉を加えてさらに炒めていく。

焦がさないように中火でじっくりと炒めているけど、これが正しい作り方かどうかは分からない。

もしかすると強火で一気に仕上げるのが正しい作り方かもで、このやり方は自己流。

 

ケチャップを先に入れて、ケチャップの水分を飛ばしてからご飯を入れる。

私はケチャップを先に入れるけど、これも自己流。

 

味見して味が足りなければケチャップを足す。

仕上げに ”本だし” をパラリと振りかけるのが私の作り方。

 

味噌汁を添えて盛り付ければ、チキンライスの完成。

う~ん、美味しそうではないか。

ただし昔のようにグリーンピースは無いけどね。

 

食べればこれが旨い!

たっぷり入れたタマネギの甘みにケチャップの酸味が絡まって、甘すぎず辛すぎずの丁度いい味加減。

それに鶏肉の旨味に隠し味の本だしの味が加わって、見事なカルテットが出来ている。

 

自分で言うのもオコガマシイけど、このチキンライスが旨い。

奥殿も「美味しい」と言いながらアッという間に完食していたから、私だけの自己満足ではない。

 

ここ何年も店でチキンライスを食べたことがないけど、この味なら店で食べなくても大丈夫。

それぐらいに美味しい味なのだ。

 

作る手間はかかったけど、朝イチから好きなものを美味しく味わえて、いい朝ご飯だった。

しかしこれには続きがある。

 

チキンライスが少し余っていのるでお代わりしようとしたのだが、同じチキンライスを盛るのも能がない。

折角なのでオムライスにしたいのだが、私の腕ではチキンライスを卵で巻けないのだ。

 

そんなことを奥殿にいえば、作ってくれると言う。

私がオムライスって難しくない?と聞けば、卵で巻くだけでしょと、いとも簡単に言うではないか。

 

私にとってオムライスは難関で、今まで二度か三度ほど挑戦したけど、ことごとく跳ね返されて失敗続き。

それ以後、作ることを諦めていたものを「卵で巻くだけでしょ」とは。

 

で、奥殿がチャチャッと作ってくれたのがコレ。

エッ?!、なんでこんなに簡単に出来るの?

 

私にとってハードルの高いオムライスが、ものの数分で出来てしまうとは。

魔法かマジックか?

自分の技量の無さを改めて思い知らされ、ガックリ。

 

それはともかく、実食。

オォ! 食べたらコレがメチャ旨 !!

チキンライスの旨さが感嘆符一つなら、オムライスは感嘆符が三つも四つも付くほどに旨い。

 

なんなん、この違いは。

中身は同じチキンライスなのに、卵で巻いただけで味のグレードが一気に上がっている。

 

新幹線で言えば普通車がグリーン車になったような違い。

卵で巻いたオムライスがこんなに美味しいと、私の作ったチキンライスが単なる ”素材” に思えてくる。

 

卵の持つパワーに恐れ入ったけど、卵で巻けないのが私。

卵で巻けるよう、修行します。

 

食べ過ぎたけど、美味しかった。

今朝はチキンライスと、連続で食べたオムライスでごちそう様でした。

 

面白かったらクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました