生ビールを飲んでいないのはコロナ自粛のため

生ビールを飲んでいないのはコロナ自粛のため

 

このところ生ビールを飲んでいない。

ビールは飲んでいるけど(新ジャンルだけど)、生ビールを飲んでいないのだ。

 

あのクリーミーでシルクのようなキメの細かい泡に包まれた生ビールは、専用のサーバーでないと注げない。

ちろん家にサーバーなどあるはずもなく、店に行かないと飲めない。

 

要するに居酒屋とか小料理屋へ行っていないから、生ビールを飲む機会が無いのだ。

ついでに言えば、美女と飲む機会も減ってしまったのも辛いが。

理由は言わずとしれた新型コロナのためで、正確ではないけど半年は飲んでいない。

 

あ~生ビールが飲みたい。

特に今日のようにアテが牡蠣フライのときは、余計に生ビールが飲みたいが、ここは家。

いつものように新ジャンルのビールで一杯だ。


 

家で牡蠣フライと言えば、冷凍物を使うことが当たり前になっている。

スーパーには、牡蠣フライに適した大きなサイズの牡蠣が無いためだ。

 

奥殿によればスーパーでよく見るロケットの牡蠣は、アサリと間違えそうな位の小さなサイズで、これを使って牡蠣フライにしようとは思わないとか。

それと殺菌のためしっかりと洗ってあるようで、牡蠣の風味も飛んでしまっているとのこと。

 

その点、冷凍物の牡蠣はサイズも大きく、それに風味も旨味も残っている。

それにパン粉を付けた状態で冷凍されているので、揚げれば出来上がりという手軽さもいい。

 

揚げることは私の担当だけど、揚げるだけなので簡単。

170℃の油で4分ほど揚げれば出来上がり。

 

盛り付ければ立派な牡蠣フライの完成。

いい感じではないか。

 

他に鶏団子の煮物も合わせた。

これは奥殿の作で、私が全部作っている訳ではない。

 

タルタルソースをタップリかけて、カンパ~イ。

牡蠣フライにはタルタルソースがよく合うからね。

 

グイッと飲めばこれはこれで美味しいけど、やっぱり生ビールの旨さには敵わない。

だけど家では生ビールは望めない。

 

牡蠣フライは美味しく揚がっている。

粗目のパン粉に包まれた牡蠣フライは衣も美味しくて、いかにもフライ物を味わっている、と言う感じがビシビシと伝わってくる。

フライ物は衣も命なのだ。

 

そんな衣に包まれた牡蛎がジューシーで、フワトロの食感。

ウ~ン、旨い!

 

潮の香りの漂う牡蠣フライにはやっぱりビールが合うね。

グビグビとビールを飲んでいたけど、生ビールも飲みたいものだ。

 

緊急事態の宣言もそろそろ解除になりそうで、そうなれば飲食店も通常の営業に戻る。

今のように7時オーダーストップの8時閉店では、急かされてしまって寛げないし、飲んだ気にもならない。

 

生ビールに限らず、飲むときは時間を気にせずじっくりと飲みたいものなのだ。

特に美女と一緒のときは、長く飲んでいたいからね。

 

今夜は牡蠣フライで一杯が美味しかった。

ごちそう様でした

 

近いうちに生ビールを飲みに行きますか。

 

お手数ですがクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました