毎日ビールを美味しく飲めるのはありがたいこと

毎日ビールを美味しく飲めるのはありがたいこと

 

庭のアマリリスが満開になってきた。

このアマリリスは数年前に近所のご婦人が球根をくれたもので、それを庭に植えたらこんなに花が咲くようになった。

 

もらった球根は3個ほどだったけど、今ではかなり増えている。

球根をくれたご婦人がこれを見て、立派に育ててもらってありがとう、とお礼を言われたことがあったけど、園芸に関心のない私なので植えっぱなしの放ったらかし。

 

冬が来る前に腐葉土をかぶせる以外は、何もしていないのだ。

それでもここまでキレイに花が咲くのだから、アマリリスは強い花なのだろう。

 

それよりもアマリリスの写真を撮っていたら、ネコが寝ていてビックリ。

上の画像にもネコが写っているのだけど、お分かりだろうか。

 

矢印の所で寝ているのだ。

こんな所にネコが寝ているなんて全然気づかず、カメラを構えたら突然 ”ニャ~” と鳴いてビックリ。

 

エ~ッ⁉と、見てみればネコが寝ていたのだ。

よく見かける顔見知りのネコだけど、こんなところで ”朝寝” をするのだ。

ここがネコにとって平和な場所ということなのだろうか。


 

そんなことのあった日の晩ごはんは、天ぷら。

いつもはとり天とかニギスとかがメインになるけど、この日のメインはカレイ

 

カレイの天ぷらとは珍しいけど、それは冷凍のカレイがあったからだ。

骨も皮も取ってあるからこのままで使える。

魚がさばけない私では、こういうものでないと使えないのだ。

 

冷凍なので解凍した。

白身のキレイな魚なので、天ぷらに向いているのでは。

 

他に野菜も揚げる。

ナス、ピーマン、エリンギにニンジン、エノキの軸(山のホタテ)にチクワ、カニカマだ。

 

後はいつものように衣を付けて揚げるだけ。

天ぷらは味付けが不要だから、味で悩むことがない。

天ぷらは意外に簡単な料理なのだ。

 

盛り付ければ出来上がり。

盛り付けは相変わらず下手だけどね。

 

もっと立体的に盛りたいのだけど、コツが分からないのだ。

とは言え、こんなものと言えばこんなものか。

 

他にはトマトのサラダなどを並べて準備完了。

毎日毎晩、飲めることに感謝だ。

 

数週間前、同級生から電話があったのだが、その声に全くハリがなく、声も出ていない。

あまりにも弱々しい声だったので、風邪でも引いたのかと聞けば、実は命にかかわる病気が見つかったというのだ。

 

ここでは詳しいことは書けないが、本人はかなり弱気の様子。

聞けば病状はかなり深刻で、本人はもう何十年も生きてきたのだからと、諦めたようなことを話す。

 

私も数年前に大病が見つかり、全身麻酔を伴う二度の手術をした経験があるけど、その同級生に何と言っていいか分からなかった。

そこまで深刻な病状を抱えて弱気になっている人に、下手なことは言えない。

 

頑張れとも言えないし、何とかなるのではと、根拠のないことも言えない。

ドクターに任せるしかないのだが、切なくて悲しい話だ。

 

そんなことを思うと普通に食事ができて、美味しくビールが飲めることは素晴らしいこと。

ありがたいことなのだ。


 

スイマセン、話しが湿っぽくなってしまって。

今日もビールでカンパイだ。

冷たいビールをグイッといけば、これが美味しい。

 

毎日飲んでいても全く飽きることがない。

特に初めの一杯が旨いのだ。

 

初めて揚げたカレイがどんな感じか、先ずはカレイの天ぷらからいってみた。

食べれば淡白でアッサリとした味。

フワトロの柔らかい食感で、口の中で溶けてしまいそう。

 

強く主張しない魚なので、天ぷらに合っている。

これは次回もある味で、天ぷらのネタが一つ増えた。

 

天ぷらをアテにして飲んでいるけど、トマトのサラダもいい仕事をしている。

トマトをスライスし、塩とオリーブオイルで味付けて黒胡椒で仕上げてある。

単純な料理だけど、オリーブオイルに黒胡椒が効いて美味しい。

 

天ぷらは脂分の取り過ぎの気がするけど、トマトを食べるとその罪悪感が減るのも嬉しい。

ホントのところは分からないけど、トマトが脂肪分を中和してくれる気がするのだ。

 

どちらにしても美味しく食べれて飲めることは、ありがたくて嬉しいことなのだ。

今日も美味しかった。

ごちそう様でした。

 

お手数ですがクリックしてやってください

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

ありがとうございました